カスタムマシン

創り手の想いがふんだんに盛り込まれた、カワサキ車ベースのカスタムマシンを紹介

Z900RS by アクティブ

走る、曲がる、止まるを高次元でリンク。理想的なスポーツネイキッドを作る

Z900RS by アクティブ

ページを共有

PR ヨシムラ

ネオクラシックのZ900RSを、足まわりを中心にアクティブのパーツでカスタムし、“走る”“曲がる”“止まる”を高次元で融合させ、スポーツネイキッドとして生まれ変わらせたのがこの車両である。

カスタムすることでねらったのはスポーツネイキッドということで、ライディングポジションはセパレートハンドルを用いたカフェレーサースタイルに変更し、ビキニカウルにはアクティブのビキニカウル、シートはZ900RSカフェの純正シートを使っている。要となる足まわりだが、倒立フロントフォークが標準装備されていることから、スプリングのみをハイパープロに交換し路面の追従性をアップさせている。

スポーツネイキッドに生まれ変わらせているポイントともなるリヤまわりには、ハイパープロのモノショックとアクティブのプレスフォーミングスイングアームを装着している。剛性感のあるなかにも適度なしなりを持たせているプレスフォーミングスイングアームで、ハイグリップタイヤのパフォーマンスを最大限に引き出せるようにしているのだ。ホイールはネイキッド用に新たに開発されたゲイルスピードのタイプEに交換。軽量化とともに、足まわりのグレードアップが図られ、スイングアームやリヤショックとともに“走る”“曲がる”を軽快に楽しめるようにしている。

Z900RS by アクティブ
Z900RS by アクティブ

ブレーキは、フロントにゲイルスピードのクロスロックディスクローターとエラボレートマスターシリンダーを組み合わせて高い制動力とコントロール性をアップ。リヤは車体姿勢や車速のコントロール性を重視し、ゲイルスピードのエラボレート、ラジアルマウントリヤキャリパーとゲイルスピードのリアマスターシリンダーを組み合わせることで、“止まる”はもちろんのこと“走る”“曲がる”にも寄与し、よりZ900RSを自在に操れるようにしている。足まわりをグレードアップさせることで、Z900RSはより走りを楽しめるマシンへと進化させているのだ。

Z900RS by アクティブ
カラーリングが変わり大きく印象が変わったアクティブのZ900RS。前後ホイールはネイキッドに合わせやすいデザインのゲイルスピード・タイプEのホワイトを装着している
Z900RS by アクティブ
ベースはZ900RSで、ビキニカウルはアクティブ製を装着し、シートはZ900RSカフェの純正シートを合わせている。この角度ではプレスフォーミングスイングアームがひときわ目を引く

ギャラリー
  • Z900RS by アクティブ フロントブレーキ
    フロントブレーキのマスターシリンダーはゲイルスピード、エラボレートマスターシリンダーで、コントロール性にすぐれるΦ17.5mmを装着する。ハイスロキットはアクティブのEVO2だ
  • Z900RS by アクティブ ビキニカウル
    ビキニカウルはアクティブからリリースされている汎用品のビキニカウルで、黒ゲルコート仕上げを使い塗装をほどこしている。スクリーンも付属し、これはスモークを装着している
  • Z900RS by アクティブ ステム
    ステムは開発中であるアクティブのオフセット量が変更可能な、コンバーチブルステムキットを装着している。セパレートハンドルもアクティブ製だが、まだ開発中である
  • Z900RS by アクティブ アクラポビッチ
    マフラーはアクラポビッチのスリップオンラインで、車検対応品。素材はチタン製でブラックサイレンサーが車体カラーと絶妙にマッチする
  • Z900RS by アクティブ ステップ
    ステップはゲイルスピードのフットコントロールキットで、純正位置から最小限の位置変更でストリートからサーキット走行までに対応する。ポジションは4ポジションから選べる
  • Z900RS by アクティブ ゲイルスピード
    ホイールはゲイルスピードの新作、タイプEを装着している。フロントブレーキローターはゲイルスピードのクロスロックディスクローター、Φ320mmで制動力とコントロール性をアップ
  • Z900RS by アクティブ スイングアーム
    スイングアームはアクティブのプレスフォーミングスイングアームで、剛性をもたせつつ適度なしなりを持たせることで、ハイグリップタイヤの性能を最大限に引き出せ、楽しめる足まわりとする
  • Z900RS by アクティブ リヤショック
    リヤショックはハイパープロ、モノショックのホース付タンクタイプHPA付のフル装備品となる。スイングアームと合わせ、ハイグリップタイヤのパフォーマンスを引き出す一助となる
問い合わせアクティブ
TEL0561-72-7011
Webサイトhttp://www.acv.co.jp

PR




人気記事





カワサキイチバン