カスタムマシン

創り手の想いがふんだんに盛り込まれた、カワサキ車ベースのカスタムマシンを紹介

ZRX1200R by 一般ライダー

ワインディング最速のネイキッドへの挑戦

ZRX1200R by 一般ライダー

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

平石拓也さん(29歳/栃木県)が目指したのはワインディング最速マシン。そのために、まずは外国人向けなのか硬すぎるように感じたリヤショックの動きをよくするために、スイングアームの見直しという大がかりな作業に着手する。見た目の好みも影響して採用したのはゼファー1100流用。ZRX純正スイングアームに比べて30mmほど長いが、そのぶん後輪が後ろに下がり、リヤショックのマウント位置も後方に移動することでレイダウン効果が得られたようで、リヤショックがキチンと仕事をするようになったそうだ。

ZRX1200R by 一般ライダー

苦労したスイングアーム交換。リヤブレーキはフローティング化

このスイングアーム交換はポン付けとはいかず、結構手間がかかったそうだ。具体的には、純正のシート下の小物入れボックスが大きく、そのぶんバッテリーケースの取り付け位置も下がってしまっているため、ゼファー1100のスイングアームだと干渉してしまうのだとか。結果、ノーマルの小物入れボックスをフラット形状に作り替え、バッテリーケースも省スペース化して問題を解決している。このほか、スイングアームの取り付けの際、ピボットシャフトのφ数は同じだったが、幅が狭かったためカラーをワンオフして調整しているそうだ。

また、平石さんの好みでリヤブレーキをフローティング化している。これはブレーキングしたときにリジット時よりリヤが沈み込みやすい感覚になり、結果ブレーキング時のバランスが取りやすくなったためだ。そこでキャリパーサポートをワンオフし、トルクロッドは長さ430mm汎用品を使って、フレームにマウントしている。


  • ZRX1200R ヨシムラ TMR-MJNφ38mm
    パワーを上げたいし、純正だと高回転域の伸びに不満あり…、ということでヨシムラのTMR-MJNφ38mmに交換。ねらいどおり高回転域まで伸びるようになった
  • ZRX1200R 外装ペイント
    カスタム自慢の一つが外装のペイント。友達と二人で約2ヶ月を費やしているそうで、ベースのキャンディブルーは10回重ね塗りして好みの色になったそう
  • ZRX1200R テールライトのLED化
    テールライトをLED化。LEDの基盤だけを購入し、さらにポッシュのクリアテールレンズを購入、そのレンズカバーを30mmカットしてリヤカウルに埋め込む
  • ZRX1200R フロントブレーキ
    フロントブレーキはキャリパーをGSX-R1100用に交換。純正(トキコ6ポット)も効くことは効くが、タッチがわかりずらかったため、ニッシン4ボットとした
  • ZRX1200R スイングアームをゼファー1100純正に交換
    スイングアームをゼファー1100純正に交換。ホイールベースが30mmほど長くなるが、リヤショックのマウント位置が下がることでサスの動きがよくなった
  • ZRX1200R リヤブレーキをフローティング化
    リヤブレーキはフローティング化。キャリパーサポートをワンオフし、トルクロッドをフレームマウント化した。ブレーキング時に曲がりやすくなった
  • ZRX1200R ビキニカウルをフレームマウント化
    ビキニカウルをフレームマウント化。採用したのはドクターSUDA製のフレームマウントキット。以来、オーバーでもなくアンダーでもないセルフステアが得られた
土門六平

フリーランスライター&エディター


[PR]




人気記事





カワサキイチバン