カスタムマシン

創り手の想いがふんだんに盛り込まれた、カワサキ車ベースのカスタムマシンを紹介

KLX125 by 一般オーナー

キャンプツーもこなせる快適走行仕様を目指す

KLX125 by 一般オーナー

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

維持費の安さと扱いやすいサイズ感で人気の原付二種のKLX125。オーナーはさらに扱いやすさと長距離での快適性を求め、DIYでカスタムを行なった。

このKLX125のオーナー、橋本さんは女性ライダーで、他にZ750Sも所有する。Z750Sの出番は高速道路を使うようなツーリングだが、このKLX125は通勤などで日常的に使っているほか、時にはキャンプツーリングにも使っている。そのため、さらに扱いやすく、そして荷物を積んだ時の快適性を求めてカスタムを行なっている。

橋本さんのカスタム手法は主にカワサキの純正流用で、KLX125の兄弟車ともいえるDトラッカー125などの部品で軽量化などを行なっている。ホイールはDトラッカー125用に交換しているが、実はKLX125が鉄リムなのに対して、Dトラッカー125はアルミ製。交換したことでかなりの軽量化が行なえ、取りまわしやすく、走りやすいバイクになったという。また、スイングアームはタイカワサキのKLX150BFを使用するが、これはスイングアーム全長が長く素材はアルミで、KLX125の鉄製から換えることで軽量化と、直進安定性をアップさせている。

これらの情報はインターネットで調べたものをもとにしている。KLX125はファンライドを楽しんでいる人が多いようで、こういった情報が多いのだそうだ。ほかにも他車用のスクリーンやレッグカバーを流用したりと、橋本さん独自のアイデアも満載で、ねらい通りの快適仕様になった。


  • KLX125カスタム
  • KLX125カスタム
    KLX125はデジタルメーターだが、その液晶表示を反転液晶にしている。腕時計なども反転液晶の方が見やすいそうで、そのやり方は液晶パネルに貼られている偏光板の角度を変えることでできるそうだ
  • KLX125カスタム
    KLX125にはハザードランプが付いていないため、カワサキ車の純正流用でスイッチボックスをハザードランプスイッチが付いたものに換えている。取り付け時の配線などは自分で行なっている
  • KLX125カスタム
    手への風よけともなるZETAのブッシュガードを装着しているが、ガードにはLEDテープを貼り付けている。黄色い方はウインカーの補助として使っており、白い方はポジションランプとして活用
  • KLX125カスタム
    シートは専門業者で加工してもらっており、ウレタンの変更とゲルザブの内蔵でクッション性をアップ。また、タンクまで覆う形にして、荷物を満載する時はタンク近くでも座れるようにしている
  • KLX125カスタム
    オフロード車でエンジンを守る目的で装着されているエンジンガード。橋本さんはカブ用の社外レッグカバーをカットして装着している。防風効果も抜群とのこと
  • KLX125カスタム
    ステップは左右を付け替えることで、ステップ位置自体を後方に下げているが、ステップの角度が少し変な方向に。また、シフトペダルまでが遠くなってしまったため、短いペダルに換えている
  • KLX125カスタム
    スイングアームはタイカワサキ製のKLX150BFのものを使う。これはインターネットでKLX125用に加工したものがあったそうで、それを手に入れて装着している。アルミ製で軽量化にもなるのだ

[PR]




人気記事





カワサキイチバン