カスタムマシン

創り手の想いがふんだんに盛り込まれた、カワサキ車ベースのカスタムマシンを紹介

ZRX-Ⅱ by 一般オーナー

現代の角型ネイキッドを70年代の角Zに近づける

ZRX-Ⅱカスタム

ページを共有

ヨシムラ

あこがれているモデルは存在するが、所有している免許の都合上、公道で乗ることはできない。そこで、自身の免許に適合した車両をベースに、あこがれのモデルをイメージしてカスタムした。

川口謙一さんはZ1000MkⅡにあこがれていたが、大型二輪の免許は所有していない。そんな時にZRX(400)のラインナップにZ1000MkⅡカラーがあることを知り、そのモデルを購入しようと考える。しかし、そのカラーリングは生産中止となってしまう。結果、ZRX-Ⅱを購入し、Z1000MkⅡカラーに仕上げていった。

カラーリング以外にもZ1000MkⅡのスタイルにこだわっている。その一例が、テールカウルとシートだ。テールカウルはZファーザーのZ1000MkⅡテールキットに変更する。シートにはPMCのZ1000MkⅡ純正レプリカのシートレザーを装着している。その際、Z1000MkⅡ純正のシートはZRX-Ⅱ純正よりも長いため、全体のフォルムを損なわないようにテールカウルを後方へずらした。

外装はZ1000MkⅡイメージに変えているが、カスタム箇所は機能系パーツにもおよぶ。パワーユニットに関しては、マフラーにビートのエキゾーストパイプとダンモトのサイレンサーを採用。ラジエターにはZX-9R純正を流用している。車体関連ではゼファー750のフロントフォークを流用したり、サブフレームを追加したりする他、ハンドルはセパレートタイプに変更するなど、よりスポーツ性を持たせた。こうして見た目と性能ともに、好みの仕様としている。


マシンギャラリー





人気記事





カワサキイチバン