製品情報PR

メーカーの理念と美学が詰まった、逸品モノを紹介

ノジマエンジニアリング GT MIDDLEシリーズ スリップオン for Ninja 250/400
純正のサイレンサーから交換することで、大幅に軽量化できる他、見た目をすっきりとさせるとともにレーシーな雰囲気を醸し出しているノジマエンジニアリングのスリップオンサイレンサー。サイレンサーの角度は車体に合わせて調整されている

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

ノジマエンジニアリングから、待望の新型ニンジャ250/400用スリップオンマフラーが登場した。かねてよりユーザーからの要望の多かったチタンサイレンサーが新たに追加されての登場だ。

人気のGTミドルにチタンサイレンサー登場

ビッグバイク用マフラーを中心に、社外マフラーを数多くリリースしているノジマエンジニアリング。そんな同社が「ミドルクラスのライダーにもマフラーを交換することの楽しみを知ってもらいたい」とニンジャ250Rから発売を開始したGTミドルシリーズ・スリップオンに、新型ニンジャ250/400用が新たに加わった。

スリップオンはマフラー本体全てを交換するフルエキゾーストとは違い、集合部以降のテールパイプからサイレンサーまでを交換するタイプで、フルエキゾーストと比較して、リーズナブルにマフラー交換が楽しめる。マフラーを交換するメリットは、パワーアップや迫力ある排気音への変化、さらにはレーシーな外観へのドレスアップなどが挙げられる。とくにニンジャ250/400はエキゾーストパイプがカウルで覆われるため、スリップオンでも十分レーシーな外観が楽しめる。ノジマエンジニアリングからは、今までベーシックなステンレス製サイレンサーのみのラインナップだったが、ユーザーから「せっかくいいマフラーなのだから、もう少し色気のあるものが欲しい」という声も届いていた。そこで、今回はビッグバイク用では人気となっている焼き色が付いたチタンサイレンサーのHEATチタンサイレンサーと、深みのある黒がシックで美しいDLCチタンサイレンサーの2つが加わった。これにより、計3種類から好みに合わせての選択が可能となった。

パワーフィール、そして排気音はノジマエンジニアリングらしい力強い加速感と鼓動感が味わえるように調教されており、純正マフラーから付け替えるだけでその違いを体感できる。しかも、排ガス/騒音規制をクリアした政府認証マフラーとなっているため、安心して使用することが可能だ。

マフラーは愛車の外観をカッコよくするアイテムであり、マフラーを交換することで乗り味、音質も変えることができる。ノジマエンジニアリングのGTミドルも十分その効果が体感できるに違いない。

問い合わせ先ノジマエンジニアリング
電話番号059-378-3505
URLhttp://www.nojima-japan.co.jp
山下 博央

フリーランスライター&カメラマン




人気記事





カワサキイチバン