ページを共有

ヨシムラ

2022年モデル Ninja 400/Ninja 400 KRT EDITION

400ccクラスにおいてカワサキが提案する「FUN TO RIDE」の可能性を広げるべく展開するNinja 400。ツーリングからスポーツ走行まで幅広くカバーしながら、高い汎用性、快適性を獲得しつつライディング時のエキサイトメントを追求したモデルだ。

そのNinja 400の2022年モデルは3色での展開となる。KRT EDITIONのライムグリーン×エボニーは継続色となり、新色としてメタリックマグネティックダークグレー×メタリックスパークブラックと、メタリックマットトワイライトブルー×メタリックグラファイトグレーが用意された。

2021年モデルのメタリックスパークブラックに相当するであろうメタリックマグネティックダークグレー×メタリックスパークブラックは直線的なイエロー系のグラフィックが車体各部に配置されている。また、新色のメタリックマットトワイライトブルー×メタリックグラファイトグレーは”ブルー”という言葉から一般的にイメージする色合いよりも彩度が低くグレー的な雰囲気だ。

カラーリング&グラフィック以外の諸元に変更点はない。

価格はすべて72万6,000円。なお発売日はNinja 400 KRT EDITIONとNinja 400のメタリックマグネティックダークグレー×メタリックスパークブラックは9月10日(金)となり、Ninja 400のメタリックマットトワイライトブルー×メタリックグラファイトグレーは10月15日(金)発売となる。


2022年モデル Ninja 400 KRT EDITION

2022年モデル Ninja 400

Ninja 400 オフィシャルビデオ(2018)

2022年モデル Ninja 400の主なスペック

車名(通称名) Ninja 400 KRT EDITION Ninja 400
マーケットコード EX400GNFAN EX400GNFBN EX400GNFAN
型式 2BL-EX400G
全長x全幅x全高 1,990mm×710mm×1,120mm
軸間距離 1,370mm
最低地上高 140mm
シート高 785mm
キャスター/トレール 24.7°/ 92mm
エンジン種類/弁方式 水冷4ストローク並列2気筒/DOHC 4バルブ
総排気量 398cm3
内径x行程/圧縮比 70.0mm×51.8mm/ 11.5:1
最高出力 35kW(48PS)/10,000rpm
最大トルク 38N・m(3.9kgf・m)/8,000rpm
始動方式 セルフスターター
点火方式 バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 2.3L
燃料供給方式 フューエルインジェクション
トランスミッション形式 常噛6段リターン
クラッチ形式 湿式多板
ギヤ・レシオ 1速 2.928(41/14)
2速 2.055(37/18)
3速 1.619(34/21)
4速 1.333(32/24)
5速 1.153(30/26)
6速 1.037(28/27)
一次減速比 / 二次減速比 2.218(71/32) / 2.928(41/14)
フレーム形式 トレリス
懸架方式 テレスコピック(インナーチューブ径 41mm)
スイングアーム
ホイールトラベル 120mm
130mm
タイヤサイズ 110/70R17M/C 54H
150/60R17M/C 66H
ホイールサイズ 17M/C×MT3.00
17M/C×MT4.00
ブレーキ形式 シングルディスク310mm(外径)
シングルディスク220mm(外径)
ステアリングアングル
(左/右)
35°/ 35°
車両重量 167kg
燃料タンク容量 14L
乗車定員 2名
燃料消費率(km/L) 32.0km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)
24.8km/L(WMTCモード値 クラス3-2、1名乗車時)
カラー ライムグリーン×エボニー(GN1・継続) メタリックマグネティックダークグレー×メタリックスパークブラック(GY2) メタリックマットトワイライトブルー×メタリックグラファイトグレー(BU1)
最小回転半径 2.5m
メーカー希望小売価格 72万6,000円(税込)
発売予定日 2021年9月10日(金) 2021年10月15日(金)
問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/



人気記事





カワサキイチバン