カワサキワールド モーターサイクル企画展 “The Champ〜頂点に輝いたマシンたち〜
会場の一段高くなったステージに2020年のスーパーバイク世界選手権チャンピオンマシンのNinja ZX-10RRと、世界限定500台の2021式Ninja ZX10-RRが並べられ、会場に花を添えていた

ページを共有

ヨシムラ

2021年2月9日(火)から28日(日)まで、神戸海洋博物館にて“The Champ〜頂点に輝いたマシンたち〜”と銘打ってモーターサイクル企画展が開催された。数多くの勝利をもたらしたマシンが一同に展示され入場者を楽しませていた。

一同に展示されたチャンピオンマシン達

神戸海洋博物館の特設会場にて、春先恒例のモーターサイクル企画展が開催された。今回のテーマは“The Champ〜頂点に輝いたマシンたち〜”で、歴代の優勝車両やシリーズチャンピオン車両などのレーシングマシンが展示された。

最近の車両では2020年の鈴鹿8耐テストマシンや、スーパーバイク世界選手権6連覇のNinja ZX-10RRが展示され、過去のマシンでは、ライムグリーンが多い中、黄色い外装をまとった1974年エグリ・カワサキ1000なども展示されていた。さらに、2021年式ニンジャZX-10RRも初めて一般公開されていた。

また、隣接するカワサキワールドでは、メグロK3が大型パネルとともに展示され、来場者の目を楽しませていた。コロナ禍での開催となったが、入場前の検温や手指の消毒はもちろん、会場内の密を避けるために一度に入れる人数を制限するなど、さまざまな対策がほどこされていた。

なお、QRコード付パンフレットが配布され、特設サイトにアクセスすれば、会場にはなかった車両の情報や特典映像を閲覧することができた。今後のイベントの指標となるかもしれない展示会のあり方を示した方法も見受けられたのだった。

注目の新型10RRを国内初披露

2021年式Ninja ZX-10RRが初めて一般公開された。スーパーバイク世界選手権6連覇を達成したNinja ZX-10RRからフィードバックしたテクノロジーを投入して、さらなる高性能化をはたしている。また、世界500台限定生産のNinja ZX-10RRは、レーシングカーや航空宇宙関連のエンジン部品を製造するパンクル社の軽量ピストンや、空冷オイルクーラーを新たに装備して、走行性能のアップが図られている。また、リバーマークを、過給機を装備しないモデルの量産市販車として装着したのも話題となっているマシンだ。

2021年モデル Ninja ZX-10RR

カワサキワールド モーターサイクル企画展 “The Champ〜頂点に輝いたマシンたち〜 2021 Ninja ZX-10RR
世界500台限定生産となるNinja ZX-10RR。シングルシートカウル仕様で、専用のカムシャフトやチタンコンロッドの採用などにより、高回転のレブリミットを上げることに成功している

栄光の6連覇を達成したマシンを展示

2020年スーパーバイク世界選手権6連覇を達成したNinja ZX-10RRも展示されており、来場者が、気になるポイントの写真をじっくりと撮影していた、実車は、カワサキレーシングチームのジョナサン・レイが、2020年10月17日のポルトガル・エストリルサーキットのレース1において、前人未到のスーパーバイク世界選手権6連覇を達成したマシンだ。同時にカワサキは、マニュファクチャラーズタイトルの6連覇も獲得した。ジョナサン・レイとカワサキの勝利がどこまで続くのかも、カワサキファンにとっても非常に楽しみだろう。

2020 スーパーバイク世界選手権6連覇 Ninja ZX-10RR

カワサキワールド モーターサイクル企画展 “The Champ〜頂点に輝いたマシンたち〜 2020 Ninja ZX-10RR KRT WSBK
2020年シーズンにジョナサン・レイは、スーパーバイク世界選手権でシリーズチャンピオンを獲得した。そのマシンの技術は新型Ninja ZX-10Rにフィードバックされている

開催日時2021年2月9日(火)〜28日(日)
開催場所神戸海洋博物館 講堂
主催カワサキワールド



人気記事





カワサキイチバン