快晴ながら寒さに震えた26名の参加者「第5回ZZRミーティング」

ページを共有

ヨシムラ

ZZR乗りたちの集い、第5回ZZRミーティングが、秋深まる長野県の道の駅・美ヶ原高原で開催された。当日は気温9度、体感温度はさらに低く、冷え込んだ。

多彩な排気量車で会話も盛り上がる

毎回ミーティングの幹事を持ち回りで行なっているZZRミーティング。今回の幹事は長野県在住の砂山将嵩さん(22歳/ZZR250乗り)が担当した。

ミーティング開催当日は抜けるような秋晴れに恵まれ、絶好のミーティング日和となった。連休中とあって交通渋滞に巻き込まれる恐れがあるため、本誌取材班は時間に余裕をもって東京を出発し、目的地の道の駅・美ヶ原高原を目指したが、予想外にスムーズで、午前6時には会場に到着した。標高2,000mの高地にある会場の気温は9度。体感温度はさらに低かった。眼下には壮大な雲海が広がり、観光客の多くが写真に収めていた。

午前6時すぎ、奈良県から参加の千葉貴史さんが愛機ZZR1200を駆って1番乗り。なんと昨夜の10時30分に奈良を出発し、高速道路を使わずに一般道を夜どおし走ってきたそうだ。ミーティングのスタートは午前10時で、参加者たちが到着し始めたのは午前9時過ぎからだった。

エンジンを止めた後は凍える身体を震わせながら、近状報告やバイク談議があちこちで始まった。そのうち砂山さんも到着し、ミーティングの場所決めや、集合写真の準備などをてきぱきと切り盛りしていった。場所決めが終わった後、参加者のバイクを対面方式で2列に整列させ、集合写真を撮影。その後は自己紹介を行ない、あらためて親睦を深めた。

開催日時2020年9月20日(日)
開催場所長野県・道の駅 美ヶ原高原
主催ZZRミーティング実行委員会



人気記事





カワサキイチバン