ページを共有

[PR] YOSHIMURA

カワサキが、レトロスポーツモデルとして多くのライダーの絶大な支持を集めているZ900RSおよびZ900RS CAFEの2020年モデルを発表した。

2020年モデルの変更点はカラー&グラフィックのみで、Z900RSはカラーリングのモチーフが2019年モデルの火の玉カラーと同じく、往年のZ1が採用していたタイガーカラーを採用。特徴的なストライプは、水転写デカールを採用しており、表面に凹凸のない滑らかな仕上がりとなっている。(2019年モデルの火の玉カラーも同様)

またもう一色設定されているのがブラックで、2019年モデルにもブラックの設定はあったが、カラー名はメタリックスパークブラックからメタリックディアブロブラックに変更。さらに2020年モデルではタンク下のストライプがなくなり、より“黒”を意識した引き締まった印象のスタイルとなった。

2020年モデル Z900RS

続いてZ900RSのカフェレーサースタイルモデルとなるZ900RS CAFEは、2020年モデルでは2色展開となる。ライムグリーンを取り入れたカラー&グラフィックは継続され、カラー名はヴィンテージライムグリーン×エボニーとなり、タンク上面が黒(エボニー)となるシックな装いに。またもう一色がファントムブルーで、2019年モデルにあったストームクラウドブルーとは異なり、画像を見る限るでは戦闘機を思わせる青みがかったグレーといった印象で、サイドカバーも同色となっている。

2020年モデル Z900RS CAFE

価格にカラー差はなく、Z900RSは132万8,400円(税込)、CAFEはZ900RSより3万2,400円高の136万800円(税込)。両モデルともに2019年8月1日から発売となる。


スペック一覧

車名(通称名) Z900RS Z900RS CAFE
マーケットコード ZR900CLFB/ZR900CLF ZR900ELFA/ZR900ELF
型式 2BL-ZR900C
全長x全幅x全高 2,100mm×865mm×1,150mm 2,100mm×845mm×1,190mm
軸間距離 1,470mm
最低地上高 130mm
シート高 800mm 820mm
キャスター/トレール 25.0°/98mm
エンジン種類/弁方式 水冷4ストローク並列4気筒 / DOHC 4バルブ
総排気量 948cm³
内径x行程/圧縮比 73.4mm×56.0mm/10.8:1
最高出力 82kW(111PS)/8,500rpm
最大トルク 98N・m(10.0kgf・m)/6,500rpm
始動方式 セルフスターター
点火方式 バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 4.2L
燃料供給方式 フューエルインジェクション
トランスミッション形式 常噛6段リターン
クラッチ形式 湿式多板
ギヤ・レシオ 1速 2.916(35/12)
2速 2.058(35/17)
3速 1.650(33/20)
4速 1.409(31/22)
5速 1.222(33/27)
6速 0.966(29/30)
一次減速比 / 二次減速比 1.627(83/51)/2.800(42/15)
フレーム形式 ダイヤモンド
懸架方式 テレスコピック(インナーチューブ径 41mm)
スイングアーム(ホリゾンタルバックリンク)
ホイールトラベル 120mm
140mm
タイヤサイズ 120/70ZR17M/C (58W)
180/55ZR17M/C (73W)
ホイールサイズ 17M/C×MT3.50
17M/C×MT5.50
ブレーキ形式 デュアルディスク300mm(外径)
シングルディスク250mm(外径)
ステアリングアングル
(左/右)
35°/ 35°
車両重量 215kg 217kg
燃料タンク容量 17L
乗車定員 2名
燃料消費率(km/L) 28.5km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)
20.0㎞/L(WMTCモード値 クラス3-2、1名乗車時)
最小回転半径 2.9m
カラー キャンディトーングリーン(GN1)
メタリックディアブロブラック(BK1)
ヴィンテージライムグリーン×エボニー(GN1)
ファントムブルー(BU1)
メーカー希望小売価格 132万8,400円(税込) 136万800円(税込)
発売予定日 2019年8月1日
問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/



人気記事





カワサキイチバン