大阪モーターサイクルショー2019 カワサキブース

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

第35回 大阪モーターサイクルショーが2019年3月15日(金)〜17日(日)にかけて開催された。

初日の金曜日は朝から快晴。会場前の駐車場は早々に埋まり、開場前からオープン待ちの行列ができていた。

大阪モーターサイクルショー2019 駐輪場

3日間の合計来場者数は前年を上回る約7万3,000人を超える盛況具合で、ご覧のようにカワサキブースをはじめ、計150社以上もの関連メーカーがブースを出展した会場内は初日から大きな賑わいを見せていた。

車両メーカーのブースでは国内4メーカーはもちろんのこと、輸入メーカーをはじめ総勢14社が出展。みな思い思いに気になるモデルにまたがり、その乗り味を確かめたりしていたぞ。
パーツ・アパレル・ギヤメーカーも多数ブースを出展。大阪でのモーターサイクルショーということで、南海部品や関西圏のカスタムショップのブースが目につくなど、同じモーターサイクルショーといえども東京とはひと味違った雰囲気だった。

また、大阪モーターサイクルショーだけのコンテンツとしてカスタムバイクギャラリーや最新モデルの試乗会も開催。
Like a wind主催の試乗会では、屋外会上に作られた特設コースにて、計15台の最新モデルに試乗することができた。カワサキ・ホンダ・ヤマハ・スズキ・ハーレーダビッドソンの話題のニューモデルが用意され、人気のモデルでは待ち時間が6時間になることも。
さらにアウトレットコーナーも豊富に用意されていて、この辺りは大阪ならではのコンテンツといった感じを受けた。

MCに宮城光さんと多聞恵美さんを迎えての国内トップクラスのライダーが集うMFJモーターサイクルスポーツステージも実施されるなど、ステージイベントも充実。カワサキからはJSB1000に参戦する渡辺一馬選手が登壇し、レース活動の裏話なども聞くことができた。
さらに、岡崎静夏選手(ロードレース)と小玉絵里加選手(トライアル)という異なるフィールドで活躍する現役の女性ライダーによる“ガールズライダー トークステージ”も実施された。

なお、東京モーターサイクルショー2019は3月22日(金)〜24日(日)にかけて開催予定だ。引き続きカワサキブースでは、大阪モーターサイクルショー同様の車両展示やブース展開を実施。

それに加え、Kawasaki Team GREENの渡辺一馬選手と黒川治監督も参加する「MFJ全日本ロードレース選手権 JSB1000&“コカ・コーラ”鈴鹿8耐 Special Stage」も開催される予定だ。
詳細は東京モーターサイクルショーの公式サイトにて!

イベント名第35回 大阪モーターサイクルショー2019
開催日時2019年3月15日(金)〜17日(日)
開催場所インテックス大阪
Webサイトhttp://www.motorcycleshow.jp/



人気記事





カワサキイチバン