Kawasaki ZX-10 30th Anniversary in 浜松

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

後継モデルZZR1100のロングセラーだったため、名車のなかでは少し影が薄いZX-10。しかし乗り続けているオーナーはシッカリといる。この度、発売開始30周年を祝って大集結した。

日本中から集まり易いように静岡県で開催!

1988年にカワサキのフラッグシップとしてデビューしたZX-10。その生誕30周年を記念したミーティングが静岡県の浜名湖畔で行なわれた。開催日となる9月16日は全国的には曇り時々雨というエリアもあったが、浜名湖は晴天のミーティング日和。

主催したのはZX-10 Fun Club ORCA。管理人の佐々木雄生也さんに話を聞いた。
「ORCAはオーナーに限らずZX-10が好きな方が交流できる場所、インターネットの掲示板です。節目節目でミーティングをしてきましたがさすがに30周年は大台にのった感があります。40周年はキツいかな」

全国から来場することを考慮して会場を2日間貸し切った。前泊、後泊、どちらでも楽しんでもらえるようにとの配慮だ。
「会場探しに苦労しましたが、晴れてよいイベントになりました。熱い鯱乗りはまだまだ健在です」

この日のようすを見た限り、みなさんお元気だしZX-10もヤレてない。40周年、いけるんじゃないですか?

開催日時2018年9月16日(日)
開催場所静岡県・湖畔の宿あさしお
主催ZX-10 Fun Club ORCA(鯱会)
Webサイトhttp://zx10-orca.com



人気記事





カワサキイチバン