カワサキ名車列伝

カワサキが誇る伝説の名車の数々を美しい写真とともに紹介

1989ZXR250&ZXR400

超高回転…、倒立フォーク…。妥協なきレプリカモデルとして君臨

1989 ZXR250&ZXR400

ページを共有

ヨシムラ

4ストロークの世界で、公道最強の印象を与えてきたカワサキが、80年代後半に純然たるレーサーレプリカを投入。そのパフォーマンス性からは、やる限りは頂点を目指そうとするカワサキのイズムが感じられた。

サーキットを視野に入れレース仕様車も登場

80年代中盤、GSX-R400やCBR400F、そしてFZ400といったようにライバルたちがサーキット色の強いモデルを送り込んでいた時代、カワサキはGPZ400RやGPX400Rといったスポーツツアラー的なモデルをラインナップし続けた。

この流れのなか、カワサキが初のレーサーレプリカ的なモデルを送り出す。それが88年に登場したZX-4である。高回転型エンジンから発揮される最高出力と加速力。そして、新採用されたアルミツインスパーフレーム“e-BOXフレーム”など、エンジン・車体ともにGPX400Rとは異なり、レース参戦を視野に入れたモデルと判断できた。ただこの時代は、短期間でモデルチェンジが繰り返されたレーサーレプリカ全盛期。ZX-4はわずか1年という短命に終わる。その後継機種として登場したモデルがZXR400である。

同じレーサーレプリカ路線を進むモデルとして、ZXR250が時期を同じくして登場した。ただし、ZXR400がGPX400Rの後継機種だったのに対し、ZXR250のエンジンは、250ccクラスではカワサキ初となる水冷4気筒エンジンを搭載。一方、これら2台が登場する1ヶ月前には、ワークスレーサー“ZXR-7”に限りなく近付けたレーサーレプリカモデルZXR750が発売されていた。ZXR250/400はZXR750とともに、カワサキの4ストローク4気筒のレーサーレプリカシリーズを作り上げたのである。

1990年モデル ZXR250
1989年モデル ZXR400

ZXR250/400は、ライバルたちが正立フォークだったのに対し、クラス初となる倒立フロントフォークを採用。セッティングもハードな走行に対応したものだった。さらに、エンジンのシリンダーヘッド部分へダイレクトに外気を送り込むことでエンジンを冷却するシステム、カワサキ・クールエアシステム(K-CAS)を新採用。アッパーカウル左右からタンクへ延びるパイプがK-CASを強くアピールしていた。また、ZXRシリーズは同様のライムグリーンカラーを配され、まさにカワサキワークスをほうふつさせるデザインだった。

発売開始2年めで車体各部を多数改良する

1991年には、足まわり・フレーム・ボディパーツといった車体を熟成し、より走行性能を高めていった。このようにモデルチェンジが行なわれたなか、SPレース仕様のZXR250RとZXR400Rが限定発売される。これはレース出場用のベースマシンとして発売された車両で、ZXR250Rには、ZXR250より2mm大径となるφ32mmのキャブレターを採用。ZXR400RのキャブレターはFCRに変更される。また両モデルともクロスミッション仕様となった。ただ、SPレース仕様車を限定発売したのはカワサキだけでなく、ライバルたちも同じだった。そんななか、ZXR250とZXR400は販売台数の上位にランクイン。まさに、レーサーレプリカ激戦時代を生き抜いたモデルだった。

シリーズを特徴付ける独自の機能を採用

ベースモデルがないまったくの新機種であるZXR250と、ZX-4からさらにレーサー色を強くして登場したZXR400。ともにレーサーレプリカとして、走りに特化した機能が装備された。

まず、クラス初採用となる倒立フロントフォーク。ZXR250/400同様レーサーレプリカ路線を進んでいたライバルたちCBR250F/400RR、FZR250R/400RR、GSX-R250R/400は、ZXRシリーズの発売が開始された89年はすべて正立フォークが装備されていた。こういったなかで、エンジン自体をフレーム強度に取り入れた高剛性かつ軽量な“e-BOX”に合わせ、剛性が高くハードなセッティングの倒立フロントフォークを採用したのだった。

そして、ZXR750と合わせ、ZXRシリーズの特徴的なシステムがカワサキクールエアシステム(K-CAS)だ。このシステムは、吸入空気の温度上昇を抑えることで、連続走行時の熱ダレを起こしにくくするとともに、エンジンの充填効率を高めようとした機能で、高回転型エンジンに対応したシステムといえる。とくにZXR250に関しては、レッドゾーンは1万9,000rpmからとなり、最高出力を1万5,000rpmで発揮。市街地での常用域よりも1万rpmで本領を発揮するというエンジンだった。

ワインディングやサーキットなどを、高回転域をキープしながら、ヒラヒラと走り抜ける。そんなイメージが強いZXR250/400なのである。

ZXR250(1990年モデル)

1990年モデル ZXR250
1990年モデル ZXR250

発売開始から2年めとなる1990年式ZXR250。ホイールやスイングアーム、そしてフロントフォークといった足まわり関連パーツや、ミラーなどの細かい部品まで、初期型から数多くが変更される。カワサキ初となる4ストローク水冷4気筒エンジンは、2万rpmまで回る超高回転型で、後にバリオスに継承されていく。

ZXR400(1989年モデル)

1989年モデル ZXR400
1989年モデル ZXR400

初期型となる1989年式ZXR400。ベースとなるZX-4から数多くの改良を受けるのと同時に、かつ数々の新機能を搭載し、純然たるレーサーレプリカモデルとして誕生した。ZXR250/400ともに、発売の翌年には各部変更を受け、1991年にはフレームから外装まで、車体まわりを一新。フルモデルチェンジといえる大幅な変更が加えられたのである。

ZXR250&ZXR400の発売が開始された1989年(平成元年)の出来事

1月7日、昭和天皇が87歳で崩御。元号が平成へと変わる/東ドイツで民主主義運動が急速に広まり、ベルリンの壁が崩壊/漫画家の手塚治虫、歌手の美空ひばり、俳優の松田優作が死去/中国で天安門事件が勃発/神奈川県・横浜ベイブリッジ、千葉県・幕張メッセが完成/主な流行語:“セクシャル・ハラスメント”“24時間闘えますか”/主な公開映画:“ブラックレイン”“レインマン”


ギャラリー
  • 1990年モデル ZXR250
    ZXR250(1990年モデル)
  • 1990年モデル ZXR250
    ZXR250(1990年モデル)
  • 1989年モデル ZXR400
    ZXR400(1989年モデル)
  • 1989年モデル ZXR400
    ZXR400(1989年モデル)
  • 80年代後半、レーサーレプリカモデルのスタイルの特徴だったのが、タンク上面とタンデムシートのラインから凹の字にくぼむように設定されたライダーのシート
  • 1989年モデル ZXR400 スクリーン
    現在のスーパースポーツモデルではスクリーンの面積が狭く設定されているが、80年代のレーサーレプリカの多くは、写真のような大柄のスクリーンが採用されていた
  • スピード、タコ、水温のアナログ3連メーター。高回転型エンジンを搭載したZXR250のメーターまわりで、レッドゾーンは1万9,000rpmからである
  • 1989年 ZXR400 タンデムシート下
    タンデムシート下には収納スペースが設けられる。現在のスーパースポーツモデルより若干広め。車載工具もここに収納。タンデムシートはシートカウルとバンドで連結される
  • 1989年モデル ZXR400 ミラー
    固定式が採用された初期型となる1989年式ZXR400のミラー。翌年には折りたたみ式ミラーに変更される
  • 1989年 ZXR250 ミラー
    発売2年めの1990年式ZXR250Rのミラー。ZXR400と同じく初期型は固定式ミラーで、その翌年からこのような折りたたみ式ミラーが採用される
  • 1989年 ZXR400 プリロード調整と減衰調整のダイヤル
    初期型となる1989年式ZXR400のフロントフォークのトップ部分。ZXR250/400ともに、初期型と発売2年めで、プリロード調整と減衰調整のダイヤルの形状が異なる
  • 1990年 ZXR250 プリロード調整と減衰調整のダイヤル
    発売2年めとなる1990年式ZXR250のフロントフォークのトップ部分。初期型に比べシンプルな形状となり、刻印なども省略されている
  • 1990年モデル ZXR250 リヤブレーキ
    現在、スポーツモデルのリヤブレーキは1ポットキャリパーがほとんどだが、1990年前後のZXR250は2ポットキャリパーを採用。スイングアームは、KIS-ARM(カワサキアイソストレインアーム)
  • カワサキ伝統のモノショック、ユニ・トラックサスペンション。1982年、Z400GPに初めて装備されて以来、ユニ・トラックサスペンションは、その後のスポーツモデルに継承されていく
  • 1990年モデル ZXR250
    ZXR250のフロントまわり。クラス初となる倒立フロントフォークを採用。発売2年めにはホイールデザインが変更されている。この時代は短いスパンで各機能が次々に変わっていた
  • 1989年モデル ZXR400 倒立フロントフォーク
    こちらはZXR400のフロントフォーク。ZXR250と同じく倒立フォークが採用されている。ノスタルジックな3本スポークが印象的
  • 1990年モデル ZXR250
    ZXRシリーズの特徴的なシステムがK-CAS。アッパーカウルからタンクにかけて配された蛇腹パイプが特徴的。ラムエアと混同されやすいが、異なるシステムである
  • 1990年モデル ZXR250 K-CASのロゴ
    アッパーカウルに鎮座するK-CASのロゴ。K-CASとはKAWASAKI COOL AIR SYSTEMの略で、エンジンのシリンダーヘッド部分へダイレクトに外気を送り込むシステムだ
  • 1989年モデル ZXR400 スイングアーム
    1989年式ZXR400のスイングアーム。1990年式からはZXR250同様、KIS-ARMとなる。アルミ角型のプレス材を使用することで、軽量化とねじれ剛性を高めている
  • 1989年モデル ZXR400 フレーム
    ZXR400のフレームはZX-4で使用されていたe-BOXフレームを継承しているが、さまざまな改良を受け、より剛性がアップされている。ZXR250にもe-BOXフレームが採用される




人気記事





カワサキイチバン