1991年モデル KLE400

ページを共有

ヨシムラ

オンオフ問わず楽しめるデュアルパーパスに比べ、高速巡航性能を高めたオフロードツアラー。エンジンはハーフニンジャと呼ばれていたGPZ400S系がベース。都市部から高速道路を使って、フラットダートまでひとっ走り!!

フレームマウントのカウルは伊達じゃない

その走行性能からは、ハイスピード系マルチパーパスバイクといえるKLE400。もとはラリーレイドレプリカブーム下のヨーロッパに輸出されていたKLE500で、国内の中型二輪免許事情に合わせるべく、GPZ400Sの水冷DOHC4バルブ並列2気筒エンジンに専用セッティングをほどこして搭載した。

当時の国内デュアルパーパスモデルといえば、KDXもしくはKLXの公道仕様しかなかったため、フレームマウントカウル付きの400㏄マルチパーパスモデルは、林道ツーリング愛好家に受け入れられた。高速道路の移動ではカウルと幅広シート、粘り強くタフネスなエンジンの恩恵で疲れにくく、都市部ではバイク便にも重用された。

1991年モデル KLE400の主なスペック

全長×全幅×全高 2,210×870×1,215(㎜)
軸間距離 1,505㎜
シート高 840㎜
乾燥重量 178㎏
エンジン 水冷4ストロークDOHC 4バルブ 並列2気筒・398㎤
ボア×ストローク 70.0×51.8(㎜)
最高出力 42㎰/9,000rpm
最大トルク 3.4㎏f・m/8,000rpm
燃料タンク容量 15ℓ
タイヤサイズ (F)90/90-21 (R)130/80-17
価格 50万9,000円(税込み・当時)
問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/
KAZU 中西

1967年4月2日生まれ。モータージャーナリスト。二輪雑誌での執筆やインプレッション、イベントでのMC、ラジオのDJなど多彩な分野で活躍。アフターパーツメーカーの開発にも携わる。その一方、二輪安全運転推進委員会指導員として、安全運転の啓蒙活動を実施。静岡県の伊豆スカイラインにおける二輪事故に起因する重大事故を撲滅するための活動“伊豆スカイラインライダー事故ゼロ作戦"の隊長を務める。過去から現在まで非常に多くの車両を所有し、カワサキ車ではGPZ900R、ZZR1100、ゼファーをはじめ、数十台を乗り継ぎ、現在はZ750D1に乗る。
http://ameblo.jp/kazu55z/
https://twitter.com/kazu55z




人気記事





カワサキイチバン