2021年モデル Ninja ZX-25R メカニズム解説

ページを共有

ヨシムラ

久々の250㏄クラス並列4気筒エンジン搭載車ということで注目されているNinja ZX-25R。今秋国内導入の予定で、次々に新しい情報が舞い込んでくる。今回は、実際にまたがったり、取りまわしたりした印象を紹介しよう。

※価格・発売日情報はこちら

完全新設計の並列4気筒250㏄エンジンを採用するNinja ZX-25Rが9月10日(木)から全国で発売開始! 価格は82万5,000円から

今秋に国内導入予定。徐々に明らかになる全貌

昨年の東京モーターショーで発表されたNinja ZX-25Rは、2020年2月にカワサキワールドにて開催されたカワサキモーターサイクルフェアでエンジンが一般公開されたのに続き、3月にはカワサキレーシングチームのジョナサン・レイがサーキットで試乗する動画がアップされ、エンジン特性の片鱗が配信されるなど、徐々に詳細が明らかになってきている。それでも、なかなか全貌が公開されない現在、もどかしさを感じている読者もいるのではないだろうか。ただ、東京モーターショーの発表当初、国内導入予定時期は今秋とリリースされている。となると、全貌の情報公開は間近! その時を待とう。

そしてまた新たな情報を入手した。これまではイベントで展示されているNinja ZX-25Rを眺めるだけだったが、今回、屋外で撮影したり、またがったりできたのだ。エンジンを始動することはできなかったが、Ninja ZX-25Rの新たな側面を感じ取れた。さらに2021年、Ninja ZX-25Rのワンメイクレース開催を計画していると、カワサキは発表した。

なお、完全に憶測だが、これまでのカワサキの傾向から考えると、Ninja ZX-25Rは数種類のバリエーションモデルが発売されると予想できる。カラーリングは現在公開中のモノをKRTエディションとして、ホワイトやブラックなどの単色系が追加されるのではないだろうか。性能面でもハイグレードとスタンダードバージョンが用意されると思われる。

2021年モデル Ninja ZX-25R メカニズム解説
徐々にメカニズムが明らかになってきたNinja ZX-25R。今回は屋外で撮影を行ない、ライディングポジションや取りまわしなど、実際、車両に触れながら各部をチェックしてきた
2021年モデル Ninja ZX-25R メカニズム解説
2021年モデル Ninja ZX-25R メカニズム解説
全体的なイメージはNinja 250に非常に近い。横に立った状態で判断する限りは、車体サイズもNinja 250と同様に思える。ただし走行性能に関するメカニズムはまったく別モノである

2021年モデル Ninja ZX-25R メカニズム解説
2021年モデル Ninja ZX-25R メカニズム解説
随所にニンジャシリーズの共通デザインが採用される。ヘッドライトまわりとテールランプまわりはNinja ZX-6RやNinja 250/400などと共通のイメージとしている

Ninja ZX-25Rのエンジン

2月に開催されたカワサキモーターサイクルフェアで、Ninja ZX-25Rのエンジンは初めて一般公開された。並列4気筒でありながらコンパクトな設計が印象的だった。シリンダーヘッドピッチが極力詰められているのだろう、横幅が抑えられており、トランスミッションの構造からか前後長もかなり詰められていた。また、近年のカワサキ250㏄クラスではめずらしいラムエアシステムも採用する。

2021年モデル Ninja ZX-25R エンジン
カムチェーンをエンジン右側に配した、サイドカムチェーン方式のNinja ZX-25Rのエンジン。燃焼室はかなりコンパクトに設計され、250㏄クラスにしては高圧縮と予想できる
問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/



人気記事





カワサキイチバン