2016年モデル Ninja ZX-10R(ZX1000S) 試乗インプレッション

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

スーパーバイク世界選手権でも強さを見せつけるNinja ZX-10Rが、2016年モデルで大きくモデルチェンジされた。それは、先代型の上質感をさらに高次元化し、そのことで速さを実現。劇的な正常進化を遂げたといえる。

最強マシンの素顔はフレンドリーそのもの

Ninja ZX-10Rは、スーパーバイク世界選手権において数多くの勝利を挙げ、このクラスの最強マシンであることを実証している。

だがここで忘れてはならないのは、Ninja ZX-10Rがレースでの戦闘能力だけを追求したトガったマシンではないということだ。2011年に大きくモデルチェンジされた先代型は、すでにクラス最高水準の上質さを実現していたのである。とくにスロットルレスポンスはスムーズで、乗りやすさは他を凌駕していたと言って差し支えない。

先鋭的であるとか、そのことによる存在感をカワサキらしいキャラクターであるとしたのは、もう昔のことである。カワサキ現行車のかゆいところに手が届くような作り込みを象徴するのが、スポーツバイクの究極形であるNinja ZX-10Rなのかもしれない。

この2016年型は、車体構成の基本こそ先代から受け継ぐも、ほとんどが刷新され、電子制御もさらに充実している。フルチェンジと言える充実ぶりなのである。当然、出現した強力なライバル車に負けない戦闘能力を備えることを絶対条件として生まれてきたはずである。

そうなると、先代型の美点でもあったやさしさとか乗りやすさは、少々は犠牲にされても致し方ないのではないか。事実、スペックに注目しても、シート高は835mmで22mmも数値上は高くなっている。そんなわけで、覚悟の上で試乗に臨んだのだった。

2016年モデル Ninja ZX-10R(ZX1000S) 試乗インプレッション

ところが、どうだろう。またがると、スペック上のシートは高くても足着きは従来モデル並み。またがったままサイドスタンドを出し入れすることも可能だ。ハンドル位置も近くなって、上体の前傾度が和らぎ、恐れるものはないといったところだ。

発進していくと、まろやかなエンジンフィーリングは、さらに洗練されている。新型はクランクマスが軽減され、下手をすればシャープで乗りにくくなるところだが、吸排気系や燃料供給系、電子制御でレスポンスが上質になり、結果的にエンジンをよりスムーズにコントロールできるものとなっている。乗りやすくスポーティにもなっているのだ。

しかも、止まるような速度において、ハンドリングが従来型にも増して軽快で素直そのもの。こうした場面で、ハイグリップタイヤを履いたスーパースポーツは、重く粘るようなステアリングフィールになりがちだが、このNinja ZX-10Rは実に扱いやすい。

そのうえ軽くスラロームしてみると、タイヤのたわみ具合が手に取るように伝わってくる。装着タイヤであるブリヂストン・RS10のよさもあろうが、車体剛性やフロントフォークとのマッチングが秀逸なのであろう。

さらに、ブレーキレバーをにぎって、またまた驚かされる。レバータッチはソフトで、悪く言えばコシがないのだが、握力に対してリニアに効力が発生。唐突さもなく、欲する効きを得られるのである。

2016年モデル Ninja ZX-10R(ZX1000S)
ホイールベースは15mm長くなったが、カウル形状も見直され、スタイリングはむしろ美しくなった印象だ。試乗車はケイズ・スタイルによるオリジナルカラーモデルである

実際にサーキットを走り出しても、最初に受けたマシンへの信頼感は、そのまま維持されている。いや、だからこそ、サーキットに挑む気にもなるというものである。

とにかくすべてが最初に低速度域で受けた印象の延長線上にある。速いとか攻めていると感じさせる要素が排除されていて、さりげなく速さを実現している感じだ。

ブレーキはコントローラブルで、バランスフリーフロントフォークとのマッチングで、姿勢変化をコントロールしやすく、安心してコーナーにつっ込める。ハンドリング特性も素直で、マシンも乗り手もストレスなく旋回していく。そして、エンジンと右手が直結したフィーリングのもと、トラクションに確信を持ってスロットルを開けることができる。フル加速でも、トルクによどみがなく、スムーズにピーク域に達することができる。

電子制御の進化も感じさせる。今回は電子制御をフルに試すことはできなかったが、それでも、トラクションやウイリーのコントロールは、制御を教えてくれる設定で、ライダー主体であると思わせる。

Ninja ZX-10Rのプロジェクトリーダーに聞いたら、「乗りやすいからこそ速いんです」とのこと。そんな主張が徹底されたNinja ZX-10Rである。

メカニズム

サーキット最速を確固たるものにすべく、新型は必要なところすべてに設計変更がほどこされた。エンジンは、吸排気ポートやバルブタイミング、燃焼室形状などを見直し、エアボックス容量も20%以上増量。ユーロ4適合ながら最高出力を維持している。クランクマスは20%軽減され、ミッションも2速から6速がクロス化された。車体ディメンジョンは、ヘッドパイプを7.5mm後方とし前輪分布荷重を向上。捻り剛性を高めたスイングアームは15.8mm伸ばされている。慣性計測ユニットIMUはボッシュ製で、3方向の加減速度とピッチとロールと加速度を検出。ヨー方向の動きも演算するため、6軸相当の機能を備えている。

2016年モデル Ninja ZX-10R(ZX1000S)
オリジナルとして用意されるカラーリングは、左側のメタリックマットカーボングレーと、右側のおなじみ、ライムグリーン/エボニーだ。ともに造形美を感じさせる
2016年モデル Ninja ZX-10R(ZX1000S) 足着き
シートは高くなったが、足着きは従来型と同等で悪くはない。ハンドル位置は7・5mmライダー側に近くなり、上体の前傾度も強くない。体重移動しやすくホールド性も抜群だ(身長:161cm 体重:57kg)
2016年モデル Ninja ZX-10R(ZX1000S) ストリップ
フレームはヘッドパイプを7.5mm後方に引き、スイングアーム長を15.8mm延長。クランクマスの軽量化は、レスポンス向上のみならず、マスの集中化にも貢献している
2016年モデル Ninja ZX-10R(ZX1000S) エンジン
エンジンへの設計変更は、共通部品がないほど多岐にわたる。吸排気バルブをチタン製とし、排気バルブ径をφ24.5mmからφ25.5mmに拡大。オフセットシリンダの採用、さらに潤滑系、冷却系にまで変更はおよぶ
2016年モデル Ninja ZX-10R(ZX1000S)
フロントフォークは、SBKマシンからのフィードバックを受けたショーワ製のバランスフリータイプ。キャリパーにはブレンボのM50モノブロック・ラジアルマウント式を投入する

主なスペック

モデルコード ZX1000S
全長×全幅×全高 2,090×740×1,145(mm)
軸間距離 1,440mm
シート高 835mm
車両重量 206kg
エンジン 水冷4ストロークDOHC 4バルブ並列4気筒・998cm3
ボア×ストローク 76.0×55.0(mm)
最高出力 127.2kW(173ps)/11,000rpm
最大トルク 110.5N・m(11.3kgf・m)/11,000rpm
燃料タンク容量 17ℓ
タイヤサイズ (F)120/70-17(R)190/55-17
問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/
和歌山 利宏
和歌山 利宏

バイクジャーナリスト。バイクメーカーの元開発ライダーで、メカニズムからライディングまで、自身の経験にもとづいて幅広い知識を持つ。これまでに国内外問わず、車両のインプレッションも数多く行なっている。




人気記事





カワサキイチバン