ページを共有

ヨシムラ

速度域を忘れさせる安定性と安心感

2006 ZZR1400(ZX1400A) 試乗インプレッション

この車両、エンジン特性に技術の進歩を感じざるを得ないが、特筆すべき技術革新はそれだけではない。ハンドリングもライダー本位になっている。おそらくマスの集中化による重心バランスの調整や小さめのキャスター角が影響してるのだろう。コーナー進入時は決してクイックに倒れすぎることはなく、ライダーの身体に車体が忠実についてくる。そしてコーナリング中だが、前後の荷重バランスの安定性が効果を発揮している。フロントとリヤにしっかりとトラクションがかかり、車体がぐらつくことがない。仮に、コーナリング中に突然障害物が現れたとしよう。それを瞬時によけなければいけないような状況下であっても、ZZR1400であればブレーキをかけながらスムーズに対応することができるだろう。しかも車体を寝かせながら…。

このコーナリング性能のよさは、当然ながらサスペンション性能の恩恵もある。1400ccもあると強いコーナリングGが車体にかかる。そのGをサスペンションがしっかりと受け止めてくれるのだ。だから接地感がとてもいい。ストレートでも路面追従性にすぐれていて、少しぐらいのギャップであればガツンと振動が来ることもなく、ジワッとサスペンションが吸収してくれ、「あぁ、サスペンションがギャップを吸収してくれているんだな…」というような感覚におちいってしまう。高速域でも車体は本当に静か。まるで高級セダン車のよう。だからこそ高速域での恐怖感もなく、逆にスピード感を感じられないのも事実。気がついたらスピードメーターの針が200km/hの表示を指していたなんてこともありうる。確かに加速感もあるしスピードも出る。ただ、このモデルのウリは単にそれだけではなく、あらゆる速度域、そしていかなるシチュエーションでも安心感を持ってライディングできるのだ。

問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/



人気記事





カワサキイチバン