カスタムマシン

創り手の想いがふんだんに盛り込まれた、カワサキ車ベースのカスタムマシンを紹介

ZRX1200 DAEG by バズファクトリー

Z1000Rのイメージを残した現代版ストリートファイター

カスタムマシン ZRX1200DAEG by バズファクトリー

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

ZRX1200ダエグの特別仕様車がリリースされ、20年前に所有していたZ1000Rにあまりにもイメージが近いことから購入する。以前やり残したカスタムをショップに依頼することで完結した。

「このダエグのオーナーが、Z1000Rに思い入れがあるので、現代のカスタム手法でストリートファイター的なダエグを目指しました」(バズファクトリー内山学代表)。

このZRX1200ダエグ(以下、ダエグ)は、昨年に一度カスタムされていて、今回はそれ以来のカスタムとなる。昨年のカスタムでは、Z1000R時代からの願望だったオーリンズの倒立フォークを組み、ブレーキキャリパーをブレンボに変更するなどの作業が行なわれた。その時、Z1000R時代にやり残していたカスタムをほぼ実現している。

今回のカスタムでは足まわりを中心に手が入れられた。その一つがBSTカーボンホイールの採用だ。純正ホイールの重量と比較すると同社測定値で前後でなんとノーマルの2分の1に近い7.5kgの軽量化を実現しているのだ。ホイールの軽量化により、ホイールがまわることで生じるジャイロ効果も軽減し、かつブレーキの効きも向上しているそうだ。さらに、スイングアームの両サイドと、前方に補強加工もほどこされている。


  • カスタムマシン ZRX1200DAEG by バズファクトリー
  • i-CONⅢ
    マフラー交換により吹けがよくなった分、燃料が希薄な燃焼状態となったため、サブコン(i-CONⅢ)を導入し燃料の噴射量を増やして補正。レスポンスもよくなった
  • スケルトンタイプのエンジンカバー
    エンジンカバーをスケルトンタイプに交換してドレスアップを図る。なお、アクリルボードの奥に見えるクラッチハウジングに赤色ガンコートをほどこす
  • BSTカーボンホイール&スポーツマックスD214
    BSTのカーボンホイールに履き替えたことで、純正に対して約1/2の軽量化を実現。サイズはF:3.50-17、R:5.75-17。タイヤはダンロップのスポーツマックスD214を履く
  • ブレーキまわり
    手が入れられたブレーキまわり。キャリパーにはブレンボラジアルCNCを装着し、ディスクローターにはサンスター ワークスエキスパンドφ320mmをチョイス
  • オーリンズ フロントフォーク
    オーナーは20年前にZ1000Rを所有していて、願望だった倒立フロントフォークを組まないまま手放している。その時の未練から今回は真っ先にオーリンズを装着した
  • Kファクトリー製バックステップ
    採用するカスタムパーツは、全体の統一感を出したいとのオーナーの要望により、カーボン系外装物はマジカルレーシングでそろえ、削りものはKファクトリーでまとめている
  • 補強されたスイングアーム
    補強されたスイングアーム。とくに前方の補強効果が出ているそう。ガセットを溶接した後、全体の鋭角部分をスムージングした後グロスコートペイント
問い合わせバズファクトリー
電話番号046-236-3801
Webサイトhttp://www.baz-factory.jp
土門六平

フリーランスライター&エディター


[PR] TRICK STAR




人気記事





カワサキイチバン