カスタムマシン

創り手の想いがふんだんに盛り込まれた、カワサキ車ベースのカスタムマシンを紹介

Z900RS by ドレミコレクション

空冷Zに魅せられし者が提案する雰囲気

Z900RS by ドレミコレクション

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

空冷Zにこだわりがある者が手を加えたらこうなる。何と分かりやすいカスタムマシンなことか。このZ900RSを手掛けたのはドレミコレクション。空冷Zへの同社の思い入れが、車両のいたるところに反映されている。

空冷Z系モデルを中心としたレストアパーツを多数手がけるほか、ゼファーシリーズに対応したZ2外装やFX外装をラインナップするドレミコレクション。空冷Z系モデルに造詣が深い同社だけに、このZ900RSにも、そのテイストを存分に反映させている。

イメージしたのは70年代から80年代にかけてのAMAスーパーバイクで活躍した空冷Z系モデルで、18インチホイールや4本出しマフラーなど、当時風のエッセンスを盛り込んでいる。また、外装パーツには、細部の造形にもこだわったZ2タイプのサイドカバーとテールカウルを採用。ノーマルのZ900RS以上に空冷Z系モデルの雰囲気を醸し出している。

性能面に関してはリヤショックにハイパープロを採用したり、同社オリジナルの角タイプスイングアームやアルミ削り出しトップブリッジに変更したりするなど、車体をレベルアップしている。空冷Z系モデルをイメージして開発されたZ900RSだけに、同社によりその魅力をより一層引き立たせられた一台といえる。


  • Z900RS by ドレミコレクション
    削り出しパーツは主に同社製とKファクトリー製を採用。フロントブレーキレバーとクラッチレバーにはKファクトリーを採用。レバーガードもKファクトリー製
  • Z900RS by ドレミコレクション
    トップブリッジは同社オリジナルのアルミ削り出し。剛性をアップさせることでハンドリングの向上を図った。ハンドルは同社のスーパーバイクハンドル
  • Z900RS by ドレミコレクション
    ホイールは同社の18インチ・モーリスマグホイールを採用。車体姿勢、スタイリングともに70年代のイメージを強く打ち出している。ブレーキローターはサンスター
  • Z900RS by ドレミコレクション
    サイドカバーは同社のZ2タイプを採用するが、Z900RS用に手が加えられている。サイドカバー前方下に見えるフレームはダミーフレームで、サイドカバーの一部
  • Z900RS by ドレミコレクション
    アルミ削り出しのパーツを多く採用。リンクもアルミ削り出しのアフターパーツに交換している。リヤショックは車高調整付となっているハイパープロを採用する
  • Z900RS by ドレミコレクション
    ステップはKファクトリー製。操作性を追求しているのはもちろんのことだが、Z900RSのクラシカルなイメージをくずさないようにスポーティすぎないデザインとなっている
  • Z900RS by ドレミコレクション
    同社が手を加えたZ900RSのスタイリングに大きく影響している4本出しマフラー。同社オリジナルのZ2タイプ4本出しマフラーで、造形はZ2純正に非常に近い
  • Z900RS by ドレミコレクション
    シートも同社オリジナルに変更している。タックロールが当時の雰囲気を醸し出す。ライダー着座部はアンコ抜きのように薄い形状となっていて、足着きの向上を図る
  • Z900RS by ドレミコレクション
    このZ900RSのポイントのひとつがテールカウル。Z2タイプの外装で、テールにかけての跳ね上がり方など、絶妙なデザインがほどこされる。テールレンズも同社Z2タイプ
問い合わせ先ドレミコレクション
電話番号086-456-4004(本社) 03-5631-8228(東京営業所)
Webサイトhttps://www.doremi-co.com




人気記事





カワサキイチバン