1984KR250

レーシングテクノロジーとイズムの融合、公道に解き放たれた孤高の2スト戦闘機。タンデムツインやRRIS以外にも先進メカニズム満載。

名車列伝

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

Text by KAZU Nakanishi, Photo by Daisuke Takeda

レーサーレプリカブーム真っただ中に投入されたKHシリーズ以来の2ストローク・クォーターロードスポーツ。無敵を誇ったWGPマシン“KR250/350″ゆずりのタンデムツインエンジンが話題となった

独創のフォルムに潜む技術とノウハウのレプリカ

KR250を語るうえで欠かせないのは、A1・サムライに端を発するアメリカ市場への進出およびWGPをメインとするカワサキのレースシーンである。1950年代、実に100社以上のバイクメーカーが国内に乱立していたこの時代に、メイハツからブランドチェンジしたカワサキ。元が航空機メーカーであるというブランドイメージはあったものの、バイクメーカーとしては後発であり、ライバルに追いつき追い越すことが命題とされていた。求められたのはスピードと耐久性。これを証明し、販売につなげるためにはレース参戦が有効であるとされていた時代である。

60年代に突入すると、カワサキは先発であるホンダ、ヤマハ、スズキと肩を並べる存在に。そしてバイク市場は海外へと拡大していく。カワサキはアメリカ進出を重んじており、対米戦略車としてW1およびA1を開発・投入する。市販車世界最速の250cm3としてその性能が認められたA1。そしてA1をベースに製作された市販レーサーA1Rは、その速さを武器に善戦。レースでの結果は販売台数に反映されることが立証された。

70年代、カワサキはレースシーンにKR250、KR350、H2Rを投入する。その驚異的な速さと活躍、そして車体色からグリーンモンスターと称され一世を風靡。とくにWGPにおけるKR250/350の常勝・無敵ぶりには手がつけられない状態であった。

続きを読む...

84年に市販開始となったKR250は、79年式KR250のリスペクトモデルである。当時の国内市場は83年のRG250Γがキッカケとなったレーサーレプリカブーム真っただ中であり、レーサーと同時開発または共通部品を採用していることが販売面において成功の鍵を握っていた。レーサーかと見間違うようなフォルムとクラス最高のパフォーマンスが与えられたレーサーレプリカクラスでは、RG250Γを追撃すべくホンダはRS250ルックスのNS250Rを、ヤマハはTZ250ルックスのRZ250RRを市場投入した。クラス最後発となるカワサキは、ワークスレーサーKR250とGPZ900Rを融合させたかのようなスタイリングのKR250を発表する。

市場の反応は賛否両論。ワークスレーサーKR250ゆずりのタンデムツインエンジンを採用するものの、そのフォルムは当時流行のレプリカスタイルではなかったからだ。83年にWGPを撤退したカワサキにとって、そもそもフォルムをレプリカすべきマシンはない。だが、ワークスレーサーKR250の開発・実戦において磨かれてきた技術やノウハウは惜しみなく投入されており、あえていうならカワサキワークスマシンのメカニズムをインスパイア、レプリカした1台だった。

エンジン性能は一線級でありながら当時の上位機種と同様、ストリートにおけるクラスを超えた走りを目指すシャーシ性能とフォルムを採用したKR250。市街地では扱いやすく一度パワーバンドに入れば炸裂するパワー感のエンジン、安定志向でありながら鋭い旋回性をも見せるシャーシ性能。公道におけるそのパフォーマンスは、カワサキ車=最速・最強のロードスポーツバイクという軸上に間違いなく乗っている。

WGPテクノロジーがフル投入される

KR250の特徴は何といっても他に例を見ないタンデムツインエンジンだろう。前面投影面積を単気筒エンジン並みに小さく、またロータリーディスクバルブのメリットを活かすべく生まれたこのレイアウトは、WGPレーサー・KR250のそれをそのまま採用したのではなく、この車両のために新造された前傾35度のタンデムシリンダーレイアウトだった。クランクシャフトは必然的に2本となり、前シリンダー軸にはジェネレーターおよびウォーターポンプを、後シリンダー軸にはオイルポンプを直結する。個々のクランクシャフトはダイレクトにクラッチギヤを駆動する仕組みとなっている。つまりクランクケース内は可能な限りアイドラーギヤを廃したシンプル構造となっており、徹底したフリクションロスの低減や高い信頼性が図られていたのである。

同一方向に180度等間隔爆発で回転するクランクシャフトは、1次加振動を打ち消しあい理論上の1次振動をゼロ化。そのメリットは、ボルトオン方式3ピースシステム・アルミフレームのデザインへと活かされている。WGPレーサーKR250から得た実戦データやコンピュータによる応力解析、さらにテスト走行から導き出されたデータから作り込まれたこのフレームは、軽量さとねじれ剛性にすぐれるものであった。低重心化とスリム化を両立したシャーシ性能により、コーナリグやS字の切り返しはKRの冠に恥じないスポーティなテイストとなった。

KR250が発売になった1984年(昭和59年)の出来事

江崎グリコ社長・江崎勝久氏が拉致・誘拐。現金10億円と金塊100㎏が要求される/“怪人21面相”を名乗る犯人グループが、江崎グリコ・森永製菓・ハウス食品工業などの食品会社に、製品に青酸を入れるなどと脅迫し、現金を要求/ロサンゼルスにて保険金目当てと思われる事件が発生。輸入雑貨商・三浦和義氏が別件で逮捕されるが、13年後に無罪の判決が下る/長野県西部地震発生。マグニチュード6.8/ロサンゼルス・オリンピック開催/1万円札、5,000円札、1,000円札の新札が発行

とじる


  • 当時のライバルはフォルムをレプリカしていたが、KR250はメカニズムをレプリカしていたといえる。強烈な前傾姿勢を強要しないポジション設定は、公道最速最強のカワサキイズムを踏襲している ※写真の車両はステップが変更されています
  • フレームマウントされるアッパーカウルからアンダーカウルへとつながるラインは、GPZ900Rと同じく“エンジンを見せる”デザインを採用。フォルムも似ている。テールカウルはKR1000ゆずりのデザインを採用
  • フレームマウントされるアッパーカウルからアンダーカウルへとつながるラインは、GPZ900Rと同じく“エンジンを見せる”デザインを採用。フォルムも似ている。テールカウルはKR1000ゆずりのデザインを採用
  • タンデムツインエンジンは前面投影面積の少なさに貢献。そのナローさは100/90‐16のタイヤサイズとの対比でよくわかるだろう。右2本出しマフラーのリヤビューはアシンメトリーなルックスがスパルタンさを強調
  • タンデムツインエンジンは前面投影面積の少なさに貢献。そのナローさは100/90‐16のタイヤサイズとの対比でよくわかるだろう。右2本出しマフラーのリヤビューはアシンメトリーなルックスがスパルタンさを強調
  • 中央部にタコメーターをレイアウトするレーシーなデザインのコンビネーションメーター。当時の同カテゴリークラスではめずらしい燃料計も装備する親切設計
  • ベルクランクを介しスイングアームと連結されるリヤショック水平レイアウト式ユニ・トラックサスペンション。低重心化と路面に吸い付くような接地感が期待できる
  • レーサーKR250/350の正常進化版的なタンデムツインエンジン。2本のクランクシャフトに直結されるウォーターポンプやジェネレーター、オイルポンプは左側レイアウトとなる
  • カウリングを外さなくともラジエターキャップへアクセスできるサービスリッド。水冷であることをさりげなくアピールするとともに、メンテナンス性のよさにも貢献
  • 高めかつ絞り気味に設定されたセパレートハンドルは、自由度の高いライディングに貢献。フォークトップキャップ内にエアバルブを装備
  • 前後セパレートタイプのシートを採用。また専用オプションとしてリヤシートを外した後にワンタッチ装着可能なシングルシートカウルを用意した
  • 左サイドカバー裏に工具入れを設置。前部にはオイルタンクがマウント。一般的にこの位置にあるエアクリーナーボックスは燃料タンク下にある
  • フロントフェンダー用の天吊ブラケットにも見えるフォークスタビライザーを装備。キレのある操縦性に貢献しているのはいうまでもない
  • 79年式KR250レーサーとはスタビライザー位置が逆付けとなるアルミスイングアームを採用。チェーンアジャスターはエキセントリックカラー式
  • フロントタイヤはジャイロマスの軽減や前面投影面積の少なさに貢献する16インチを採用。当時のカワサキスポーツモデルでは当たり前の装備であった
  • タンデムツインエンジンと同じくKR250レーサーゆずりの右上下出しマフラーを採用。チャンバープラス別体サイレンサーデザインはまさにレーサーレプリカである
  • 水平タイプユニトラックサスペンションゆえの装備であり、素早いセッティング変更を容易にする油圧式イニシャルプリロードアジャスター
  • エンジン右側にセミダウンドラフトマウントされるVM28SSキャブレター。RRISとあいまってレスポンスは良好で、運転しやすさに貢献
  • GPZ900R/750Rと同等のADS+AVDSを搭載するセミエアタイプの正立フロントフォークを採用。当時としては先進のメカニズムだ
  • 冷却水リザーバータンクはアンダーカウル内に収められる。アンダーカウルを外さなくても補水しやすいような補給口が左側にレイアウトされる






カワサキイチバン