製品紹介PR

メーカーの理念と美学が詰まった、逸品モノを紹介

サインハウス B+COM ONE

ページを共有

メーカー問わず接続の安定が望めるシェアナンバー1ブランドの次世代スタンダード機

今やツーリングからビジネスまでライダーにはなくてはならないアイテムになっている感すらあるブルートゥースインカム。より使い勝手がいいモノを求めてユーザーの買い替え需要も高く、それを見越しているかのように各メーカーが高級機から廉価版までニューモデルを矢継ぎ早にラインナップに加えているマーケットでもある。

そんな中、市場占有率が高いサインハウスのB+COMシリーズに、ブランニューモデルが登場した。フラッグシップモデルB+COM SB6Xとほぼ同等のパフォーマンスながら価格を8,000円弱も安く設定したB+COM ONE(ビーコムワン)である。ここでは、その特徴を掘り下げよう。

まず、意外と知られていないが、ブルートゥースインカムユーザーにとってもっとも重宝がられるのは、他社製品と接続する際もインカムとして接続する機能だろう。多くのメーカーは他社製品と接続する際に、インカムとしてではなく、スマートフォンなどの外部機器として接続するため、接続できる距離が短かったり通信が安定していなかったりする。その点、B+COM ONEは外部機器も同時に使えるし、接続されている距離もB+COM同士を接続するときと変わらないし、安定しているのだ。

またB+COM SB6Xに対応したサービスとして昨年始まった“目でつながり状況の確認やすべての設定ができるiPhone&アンドロイド用アプリB+COM U”にも対応する予定とのことなので、かなり使い勝手のいいインカムとなるのは間違いないだろう。実績のあるブランドがこれまでつちかってきた技術をフィードバックし、満を持して発売したブランニューモデルだけに、近々ブルートゥースインカムの購入を考えているのなら、チェックすべき1台なのは間違いない。

B+COM ONE仕様

Bluetooth Ver. Bluetooth5.0
チップ シングルチップ
出力レンジ Class1
バッテリー Li-Po 3.7V 650mA
連続使用時間 インカム通話 最大約12時間、携帯通話・音楽再生 最大約14時間(それぞれ単体での稼動の場合)
充電時間 約2時間(USB Type-C)
本体サイズ 94.8(W)×42.1(H)×23.2(D)㎜
本体重量 約43g
防水性能 IP67相当
オーディオシステム B+COM SOUND SYSTEM
スピーカー 40φ×D11㎜、16Ω、USB Type-Cプラグ
最大通話可能人数 6人
価格 2万9,700円(税10%込み)
問い合わせサイン・ハウス
TEL03-5483-1711
URLhttps://sygnhouse.jp



人気記事





カワサキイチバン