製品情報PR

メーカーの理念と美学が詰まった、逸品モノを紹介

WILDWING ファルコン フラッグシップモデル by ウィングローブ

[PR] YOSHIMURA

次々と出て来るライダーからの要望を「わがまま」とせず、本気で向き合って応えているブーツ。幅広い用途とマッチングは、ブーツを“相棒”へと昇華させる。妥協せずに生まれた本物、それがウィングローブのレザーブーツだ。

本気のこだわりを集め、本物のレザーブーツへ

艶のあるブラックのオイルレザーにさり気ないグリーンのステッチ。カワサキ党であるという主張はしているが、車体色に左右されない絶妙な頃合いと言えるだろう。紐の編み上げデザインが幅広い車種にマッチし、タウンユースでも全く気にならないデザイン性の高さを持つ、それが今回紹介するファルコン フラッグシップだ。

WILDWING ファルコン フラッグシップモデル by ウィングローブ
本革を使用し、紐の編み上げ&リングベルトと普段から愛用できるお洒落なデザイン。グリーンのステッチ&ソールラインは、カワサキ乗りの「さり気ない主張」になるはずだ

このブーツには様々なこだわりが詰まっている。まず基本となるのが本革製ということ。本革には、大きな強さと魅力が溢れており、強度の高さは最高の安全性が求められるレーシングスーツへの採用で証明されている。ほか滑らかな手触りや履き込むほどに増す風合い、さらにまるで“自分専用”になる馴染みやすさなど、本革には数々の魅力があるのである。

だが一方で本革には、重い、固い、疲れる、普段履きに使えない、などといったネガティブな印象が多いのも事実である。このネガティブに立ち向かったのが、靴専門メーカーのウィングローブのライダーブーツブランド“ワイルドウィング”なのだ。

まず徹底して考え尽くされているソール(靴底)によって、柔軟性を極限まで高めた。横に二本の溝を入れ(特許)、高価なラバー素材をバランス良く配合。「本当に本革のブーツ?」と疑いたくなるほど柔らかく、軽く、運動性能が高い。ワインディングでのつま先立ちするステップワークはもちろんだが、停止時の足着き性も大幅に向上させている。足着き性に不安を感じている人には特にお勧めだ。

WILDWING ファルコン フラッグシップモデル by ウィングローブ
驚くことに、ヒールが斜めにカットされていることでステップにフィットし、つま先がまっすぐ前を向く。しっかりとステップを踏めるので、操作性が格段に向上する

この柔軟性がタウンユースでの歩きやすさにも直結している。ツーリングではバイクで走るだけでなく、歩く場面も多々ある。ソールにはクッション製もプラスされているので、とにかく歩くことが苦にならないのだ。

さらに特筆すべきはヒール部分で、ヒールが斜めにカットされているため、ひっかければつま先がまっすぐ前に向くよう設計されている。しかもジャストフィットが得られるよう、ペダルまでの距離に合わせて、サイズごとにカット位置が変えられているのも特徴だ。

WILDWING ファルコン フラッグシップモデル by ウィングローブ
ヒールをステップに引っ掛けた状態で、ペダルに届くように設計されている。何とサイズによってヒールの大きさを変更し、ジャストに届くように配慮されているのだ
WILDWING ファルコン フラッグシップモデル by ウィングローブ
ソールには適度な柔軟性を確保する工夫がたくさん詰め込まれている。歩く時にも非常に役立つが、つま先立ちするステップワークもサポート。グリップ力もかなり高くて安心だ
WILDWING ファルコン フラッグシップモデル by ウィングローブ
紐の編み上げスタイルではあるが、内側にあるファスナーで着脱可能とスムーズ。ファスナーカバーにより愛車をキズから守る。結んだ紐もまとめられるので、安全性が高い

箱には最初のケア、維持するのに必要なメンテナンス方法が細かく記されている。長く付き合っていく“相棒”にしてもらえるよう、こういった部分にも作り手のこだわりと愛情が感じられる。

これだけのこだわりが詰まった上で、さらにリーズナブルな価格設定がうれしい。ライダーの足と心を満たす逸品だ。

品番 WWM-0001
サイズ 22.5cm〜28.0cm
カラー ブラック×グリーン・ブラック×レッド・ブラック×ブルー
価格 1万7,000円(税抜)

※ブラック×レッドの22.5cm・23.5cm・24.5cmは厚底仕様 1万8,000円(税抜)

WILDWING ファルコン フラッグシップモデル by ウィングローブ

問い合わせウィングローブ
電話番号03-5603-5600
Webサイトhttp://www.winglove.co.jp
Eメールinfo@winglove.co.jp
館岡 重光

オートバイ関連を中心に、ライター兼カメラマン兼エディター兼MCとして活動中




人気記事





カワサキイチバン