カワサキモータース EVプロジェクト 展示車両

ページを共有

ヨシムラ

10月6日、カワサキは川崎重工業モーターサイクル&エンジン事業から分社化したカワサキモータース創立にあたっての事業方針説明会を行ない、そのなかで持続可能な成長を加速させ、企業価値の向上、ブランド強化を実現するためにはカーボンニュートラルの実現が重要と捉え、その手段としてバイクの電動化について言及。

カワサキモータース 事業方針説明会

バイクの電動化については2025年までに10機種以上を導入予定で、2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了すると発表された。この電動化はBEV(バッテリー式二輪車)とHEV(ハイブリッド式二輪車)の2種類が含まれるとしている。こちらに関しては後日詳しくお伝えする。

また、持続的成長路線を構築するうえで、電動化以外にも今後カワサキというブランド力強化に努め、カワサキプラザを代表とする店舗づくりや上質なライフスタイルの提案、メルマガやウェブによるマーケティング活動の強化、AIやレーダーなどの先進技術の導入や商品企画力、デザイン力の強化なども今後カワサキとして取り組む課題として注力する分野とされた。さらにはイタリアの高級バイクメーカー・ビモータへ出資したように成長を拡張する協業や提携強化も挙げられた。

また、コングロマリットプレミアムにおいてカワサキが注力するフィールドとして①安全安心リモート ②近未来モビリティ (人・モノの移動を変革) ③エネルギー・環境ソリューションの3つが挙げられた。とくにバイクと関係するのは②となるが、先進ライダーサポート、ドライバーサポート、三輪電動自転車(noslisuプロジェクト)の推進にも触れられている。

10年、20年後にバイクを取り巻く環境は今とはまったく変わってくるはずだが、今後カワサキはどんな未来を構築しようとするのか。後日アップする予定の電動化・ハイブリッド化に関する記事からその輪郭が見えてくるはず。そちらもお楽しみに。

問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/



人気記事





カワサキイチバン