ページを共有

ヨシムラ

カワサキ・Z H2/Z H2 SE、Ninja H2 CARBON、Ninja ZX-10R/ZX-10RRの5車種にリコールの届け出。最悪時にはエンジン停止のおそれあり

カワサキは7月30日、国土交通省にリコールの届け出を行なった。

対象となるのはZ H2、Z H2 SE、Ninja H2 CARBON、Ninja ZX-10R、Ninja ZX-10RRの5車種で、いずれも不具合が発生した部位は原動機(潤滑装置)となる。

エンジンの油圧を調整するリリーフバルブにおいて、組立作業が不適切なため、リリーフバルブの構成部品が脱落し、エンジンの油圧が低下する場合がある。そのため、油圧警告灯が点灯するとともにエンジンが潤滑不良となり、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがある。

対策として全車両、リリーフバルブを良品に交換する。また、リリーフバルブの構成部品に脱落が認められた場合は、エンジン内部を点検し、損傷部位を交換する。

不具合は海外からの情報により発見され、不具合の報告件数は0件。不具合を起因とする事故は発生していない。

対象となる車両の通称名、型式、車台番号、製作期間、台数は以下のとおりだ。なお、リコール対象車の車台番号の範囲には対象とならない車両も含まれる場合があるので、オーナーは早急に最寄りのカワサキプラザに相談いただきたい。

車名 カワサキ
型式 2BL-ZRT00K
通称名 「Z H2」「Z H2 SE」
リコール対象車の車台番号の範囲 ZRT00K-003833〜ZRT00K-009634
リコール対象車の製作期間 令和2年5月8日〜令和3年3月23日
リコール対象車の台数 624台
車名 カワサキ
型式 2BL-ZXT02J
通称名 「Ninja H2 CARBON」
リコール対象車の車台番号の範囲 ZXT02J-003001〜ZXT02J-003069
リコール対象車の製作期間 令和3年2月8日〜令和3年3月12日
リコール対象車の台数 25台
車名 カワサキ
型式 8BL-ZXT02L
通称名 「Ninja ZX-10R」「Ninja ZX-10RR」
リコール対象車の車台番号の範囲 ZXT02L-000649〜ZXT02L-000930
リコール対象車の製作期間 令和3年3月2日〜令和3年3月25日
リコール対象車の台数 77台

国土交通省『リコールの届出について(カワサキ Z H2 他)』(令和3年7月30日)

リコール等情報『リコール情報 : Z H2・Z H2 SE・Ninja H2 CARBON・Ninja ZX-10R・Ninja ZX-10RR』(2021年7月30日届出)

問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/



人気記事





カワサキイチバン