Ninja ZX-25Rデモンストレーションレース

ページを共有

ヨシムラ

発表以来話題沸騰で、発売開始になると大ヒットを記録しているNinja ZX-25R。2021年からNinja ZX-25Rワンメイクレースが開催されることが決まっており、その前哨戦としてNinja ZX-25Rデモレースが開催された。

2021年から始まるサーキットミーティングの前哨戦

2021年からカワサキは、サーキットイベントを積極的に展開していく。その前哨戦ともいえるNinja ZX-25Rのデモレースが開催された。このデモレースは2020年11月1日(日)に鈴鹿サーキットで開催された全日本ロードレース選手権のイベントの一つとして、カワサキが企画したレースだ。

エントリーは20台で、うち15名がカワサキ正規取扱店のスタッフで、他5名が各種媒体で活躍するバイク女子やジャーナリストといった面々だ。参加したカワサキ正規取扱店のスタッフはツワモノぞろいで、とくにカワサキ プラザ神戸兵庫の元カワサキワークスライダー、キヨさんこと清原明彦さんや、トリックスターレーシングの監督でもあるカワサキ プラザ岡崎/知立の鶴田竜二さんは注目の選手だ。さらに、カワサキチームグリーンのメカニックを長く担当しているスタッフも参加していた。

レース経験豊富な選手が参加するだけに、多少なりともバトルを観たかったが、今回はデモレースのため基本的には追い抜きは禁止とされた。そんなわけで本格レースさながらの迫力あるバトルは展開されなかったものの、グランドスタンド前のストレートを、レーシーなエキゾーストノートともに20台のNinja ZX-25Rが数珠なりになって走り抜けていく光景は壮観のひと言だった。サーキットを楽しめるNinja ZX-25Rがここにあり!といった、このモデルの魅力が発信できたのではないだろうか。

開催日2020年11月1日(日)
開催場所三重県・鈴鹿サーキット
URLhttps://www.suzukacircuit.jp/



人気記事





カワサキイチバン