Z900RS 2YEAR ANNIVERSARY MEETING

ページを共有

ヨシムラ

昨今のネオレトロブームの中心的存在といえるZ900RS。そのオーナーたちがフェイスブックを通じて発足したのがKAWASAKI Z900RS CLUB JAPANだ。この度、2018年に続き第2回目のミーティングが2019年11月3日に開催された。

全国各地から個性豊かなZ900RSが集った

2018年同様、会場となったイエローハット新山下の屋上は第1回ミーティングの倍近い、およそ200台のZ900RSで埋めつくされた。また、この日出展したブースは17社。こちらも昨年の6社から大きく増えており、その活況ぶりがうかがわれる。

「ユーザーからパーツメーカーに直接要望を伝えることができれば、それがユーザーの欲しいパーツの登場につながります。そんな魅力的なパーツが増えてくれば、Z900RSの新しいオーナーも共に増えくることになると思うんです」と語るミーティング主催者のオーナーズクラブ会長砂山さん。

その言葉どおり、会場のZ900RSのほとんどが、何らかのカスタムがほどこされており、同じ機種ながらその個性はさまざま。そうなると隣のバイクが気になるのもので、オーナー同士の交流は情報交換をとおして自然と深まっていく。

開催日2019年11月3日(日)
開催場所神奈川県・イエローハット新山下屋上駐車場
主催KAWASAKI Z900RS CLUB JAPAN



人気記事





カワサキイチバン