第36回W1箱根ミーティング

ページを共有

PR ヨシムラ

36回目を迎えたW1箱根ミーティングは、心配された天候も徐々に回復し、関東近辺組に加え北海道や九州からのWファン、のべ170名の参加者でにぎわった。

初参加者29名見学者も多数来場

朝8時、ミーティング会場の十国峠レストハウスからは、曇り空ながら駿河湾も眼下に見えており、雨の心配はないと思われた。しかし、箱根周辺ではところどころで雨が降っていたようで、「参加を止める」「途中で引き返す」との連絡が数件、主催者に入ってきた。普段なら9時半ころにはゲート前に100台近くは待機しているのだが、今回は30〜40台と少なく、さすがに気をもんだ。ただ、受け付け開始時間の10時ごろから天候も回復し、参加者たちが続々と会場入りし、最終的にはのべ170台を数えた。

初参加者は29名、遠来組では北海道から2名、九州から3名、四国から3名が無事到着した。今回参加したWのなかでとくに目をひいたのは稀少車だ。W2TTが5台、サイドカーが6台参加し、ミーティングに華を添えていた。

開催日時2019年10月6日(日)
開催場所静岡県・十国峠レストハウス
主催W1愛好会



人気記事





カワサキイチバン