アライヘルメットの代表取締役である新井理夫氏がFIM総会で表彰

ページを共有

ヨシムラ

日本人2人めの受賞、バイク装具メーカーとしては史上初の快挙達成

二輪用ヘルメットメーカーとして1950年に設立されたアライヘルメット。そのアライヘルメットの代表取締役である新井理夫氏が、2019年11月末にモナコで開催された“国際モーターサイクリズム連盟”通称FIM(以下FIM)の総会で『ニコラス・ロディル・デル・バレ・ゴールドメダル』が授与された。

新井氏の受賞で23人めのゴールドメダリストとなり、ライダー用装具のメーカーとしては史上初。
FIMはMotoGPやモトクロス世界選手権など二輪モータースポーツの国際統括を行なう国際機関であり、今回新井氏が受賞したゴールドメダルは、二輪レース活動に大きく貢献した人物や企業の経営者に与えられる大変名誉ある賞で、該当者がいる場合のみ表彰される。
今回の新井氏の授与理由をFIMは「永年にわたり、多くのライダーたちの安全に寄与し、モーターサイクルスポーツに多大なる貢献を果たした」と発表。

創業当初から、一般ライダーはもちろん過酷なレースで命の危険まであるレースシーンなどでライダーの安全を守り進化し続けるアライヘルメットの技術、モノづくりへの情熱そのすべてが世界に認められたといっても過言ではないだろう。

アライヘルメットの代表取締役である新井理夫氏に授与されたゴールドメダル
FIMの文字が刻印されたゴールドメダル。裏には新井氏の名前も記されている



人気記事





カワサキイチバン