ページを共有

[PR] YOSHIMURA

2020年モデル Ninja 650

9月末にアメリカにて開催されたAIMExpo2019でモデルチェンジされた2020年モデルを初披露したNinja 650。その国内仕様詳細がこの度発表されている。

国内仕様に導入されたカラーは、おなじみのカワサキレーシングチームのファクトリーマシンをイメージしたKRT EDITION(ライムグリーン×エボニー)と、単色の白となるシンプルで潔いスタイルのパールブリザードホワイトの2色だ。本体価格は、先代が74万8,000円(KRT EDITIONは76万8,000円)だったのに対し、2020年モデルはどちらも5万2,000円高となる80万円(KRT EDITIONは82万円)となった。発売は2020年2月1日からとなる。

2020年モデルの主な変更点は、ツインLEDヘッドライトを搭載する最新Ninjaフェイスの採用を含めたデザインのリニューアルと、スマホ接続にも対応したTFTカラー液晶メーターの搭載、さらに吸排気系の見直しにより、よりクリーンになった排ガスと中回転域でのトルク向上など、単なるマイナーチェンジ以上の進化を遂げている。

ほか2020年モデル・Ninja 650の詳細はこちらの記事も参考に。

[Ninja 650/KRT EDITION]マイナーチェンジを受けた2020年モデルが登場

2020年モデル Ninja 650

2020年モデル Ninja 650 KRT EDITION
KRT EDITION(ライムグリーン×エボニー)
2020年モデル Ninja 650 KRT EDITION
2020年モデル Ninja 650 KRT EDITION
2020年モデル Ninja 650
パールブリザードホワイト
2020年モデル Ninja 650
2020年モデル Ninja 650

Ninja 650オフィシャルビデオ

2020年モデル Ninja 650

車名(通称名) Ninja 650 KRT EDITION Ninja 650
マーケットコード EX650MLFA EX650MLF
型式 2BL-ER650H
全長x全幅x全高 2,055mm×740mm×1,145mm
軸間距離 1,410mm
最低地上高 130mm
シート高 790mm
キャスター/トレール 24.0°/ 100mm
エンジン種類/弁方式 水冷4ストローク並列2気筒/DOHC 4バルブ
総排気量 649cm³
内径x行程/圧縮比 83.0mm×60.0mm/10.8:1
最高出力 50kW(68PS)/8,000rpm
最大トルク 63N・m(6.4kgf・m)/6,700rpm
始動方式 セルフスターター
点火方式 バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
潤滑方式 セミドライサンプ
エンジンオイル容量 2.3L
燃料供給方式 フューエルインジェクション
トランスミッション形式 常噛6段リターン
クラッチ形式 湿式多板
ギヤ・レシオ 1速 2.437 (39/16)
2速 1.714 (36/21)
3速 1.333 (32/24)
4速 1.111 (30/27)
5速 0.965 (28/29)
6速 0.851 (23/27)
一次減速比 / 二次減速比 2.095(88/42)/3.066(46/15)
フレーム形式 ダイヤモンド
懸架方式 テレスコピック(インナーチューブ径 41mm)
スイングアーム(ホリゾンタルバックリンク)
ホイールトラベル 125mm
130mm
タイヤサイズ 120/70ZR17M/C (58W)
160/60ZR17M/C (69W)
ホイールサイズ 17M/C×MT3.50
17M/C×MT4.50
ブレーキ形式 デュアルディスク 300mm (外径)
シングルディスク 220mm (外径)
ステアリングアングル (左/右) 32°/ 32°
車両重量 194kg
燃料タンク容量 15L
乗車定員 2名
燃料消費率(km/L) 32.1km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)
23.6km/L(WMTCモード値 クラス3-2、1名乗車時)
最小回転半径 2.8m
カラー ライムグリーン×エボニー
(GN1)
パールブリザードホワイト
(WT1)
メーカー希望小売価格 90万2,000円(税10%込) 88万円(税10%込)
発売予定日 2020年2月1日(土)
問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/



人気記事





カワサキイチバン