[PR] YOSHIMURA

2003年の登場以降、3度のフルモデルチェンジを受け4代目となる現行型のZ1000。“Sugomiデザイン”と“Sugomiパフォーマンス”を具現化した、カワサキZシリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンス・スポーツネイキッドである。

そんなZ1000の2019年モデルがこのたび発表されている。発表されたのは、欧州一般仕様のスタンダードモデルと豪華足廻りをプラスした“R EDITION”で、カラーはスタンダードモデルがメタリックフラットスパークブラック×メタリックマットグラファイトグレーで、R EDITIONはメタリックフラットスパークブラック×パールストームグレー×エメラルドブレイズドグリーンとなっている。

現在スタンダードモデルに関しては国内仕様を調整中とのことで、カラー&グラフィック以外の変更点や価格などは明らかにされていない。またR EDITIONはカワサキの輸入車を取り扱うブライトが発売をリリースしており、価格は142万200円(税込)で2018年10月上旬に発売予定。同社Webサイトを見る限りでは、2018年モデルの仕様をそのまま引き継いでいる模様だ。


2019年モデル Z1000 (ZR1000H)※欧州一般仕様

2019年モデル Z1000 R EDITION (ZR1000J)※欧州一般仕様


オフィシャルビデオ(2014)



Z1000 R EDITION スペック一覧

車名(通称名) Z1000 R EDITION
全長x全幅x全高 2,045mm×790mm×1,055mm
軸間距離 1,435mm
最低地上高 125mm
シート高 815mm
キャスター/トレール 24.5°/101mm
エンジン種類/弁方式 水冷4ストローク並列4気筒/DOHC4バルブ
総排気量 1,043cm3
内径x行程/圧縮比 77.0mm×56.0mm/11.8:1
最高出力 104.5kW(142PS)/10,000rpm
最大トルク 111N・m(11.3kgf・m)/7,300rpm
始動方式 セルフスターター
点火方式 バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 4.0L
燃料供給方式 フューエルインジェクション
トランスミッション形式 常噛6段リターン
クラッチ形式 湿式多板
ギヤ・レシオ 1速 2.600(39/15)
2速 1.950(39/20)
3速 1.600(24/15)
4速 1.389(25/18)
5速 1.238(26/21)
6速 1.107(31/28)
一次減速比 / 二次減速比 1.627(83/51)/2.867(43/15)
フレーム形式 ダイヤモンド
懸架方式 テレスコピック(倒立・インナーチューブ径 41mm)
スイングアーム(ホリゾンタルバックリンク)
ホイールトラベル 120mm
131mm
タイヤサイズ 120/70 ZR17M/C 58W
190/50 ZR17M/C 73W
ブレーキ形式 デュアルディスク310mm(外径)
シングルディスク250mm(外径)
ステアリングアングル (左/右) 29°/ 29°
車両重量 221kg
燃料タンク容量 17L
最小回転半径 3.2m
カラー メタリックフラットスパークブラック×パールストームグレー×エメラルドブレイズドグリーン
メーカー希望小売価格 142万200円(税込)
発売予定日 2018年10月上旬
問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/



人気記事





カワサキイチバン