カスタムマシン

創り手の想いがふんだんに盛り込まれた、カワサキ車ベースのカスタムマシンを紹介

Z900RS by エムエスセーリング

70年代のイメージと電子制御カスタムで走りと見た目を両立

Z900RS by エムエスセーリング

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

カワサキバイクマガジンvol.130掲載記事(2018年2月1日発売)

千葉県に店舗を構えるカワサキ正規取扱店のエムエスセーリングは、Z900RSが発売されて間もない2017年12月に、早くもZ900RSカスタム車を作り上げた。その車両がここで紹介するZ900RSだ。

同店は積極的にカスタムに取り組んでいて、これまでZRX1200ダエグ(以下、ダエグ)にスーパーチャージャーを搭載したり、W650のエンジンの爆発タイミングを同爆に変更したりするなど、さまざまなカスタムを行なってきた。さらにはインジェクションセッティングの造詣も深く、他の店舗に先駆けファンネル仕様のダエグも作っていた。

このZ900RSは、発売間もないことに加え、製作期間も2日間と非常に短い。そのような状況のなか、できることを手探りで進めたと同店は語る。同店が手がけるZ900RSカスタムの第一弾で、今後手を加える必要はあるとのことだが、この段階でも完成度は高い。

ポイントの一つは70年代の空冷Zらしさを演出することだ。そのためホイールは、ノーマルの17インチから18インチへと変更。マフラーも純正の集合タイプから4本出しへと変更している。さらにフロントフォークは、ノーマルが倒立タイプを採用しているのに対して、このZ900RSは正立タイプへと変更している。加えて、細かい演出がエンジンガードだ。ノーマルのフレームはダイヤモンドフレームと同様の構造のため、ダウンチューブを持たない。そのため、ダウンチューブに見立てたエンジンガードを追加しているのだ。これらの変更により、スタイリングに空冷Zらしさを持たせている。

さて、同店がこれまで製作してきたカスタム車は、いずれも走行性能にこだわっており、このZ900RSも例外ではない。スタイルに空冷Zらしさを持たせつつも、シッカリと走行性能を追求している。前後サスペンションに、レースシーンやカスタムシーンで定評のあるオーリンズを採用しているのはそのためだ。また、ラピッドバイクのサブコンとオートシフターを装着。サブコンは現在セッティング中とのことだが、中低速域の扱いやすさをねらっている。また、オートシフターはスポーツ走行時にすばやくシフトチェンジするのに効果的であり、長距離ツーリングではシフトチェンジの際、クラッチレバーをにぎる疲労を低減させてくれる。

このZ900RSは、スタイルと走行性能を両立させたカスタムといえるが、同店はすでに次のカスタムを試している。完成時期は未定だが、仕上がりが楽しみである。


  • Z900RS by エムエスセーリング
    車両後方からのスタイルは4本出しマフラーが目立つ。ノーマルではスリムなリヤまわりに、重厚感がただよう
  • Z900RS by エムエスセーリング
    ホイールを18インチとすることで、見た目はノーマルよりやや腰高に思える。加えて、正立フロントフォークと4本出しマフラーがレトロさを助長
  • Z900RS by エムエスセーリング
    倒立フロントフォークから正立フロントフォークに交換したとはいえ、採用したのはオーリンズの新型。安定した走行性能を確保している
  • Z900RS by エムエスセーリング
     フロントフォーク同様、リヤショックもオーリンズに変更する。採用したのはS46タイプ。前後ともに定評のあるアフターパーツを選択し、高水準な走行性能を追求している
  • Z900RS by エムエスセーリング
     リヤショックをオーリンズに変更するのと同時に、リンクプレートをKファクトリーのモノに変更した。ジュラルミンの削り出しで剛性が高い。リンク比はノーマルと同様となっている
  • Z900RS by エムエスセーリング
    スイングアームはKファクトリー製の目の字断面を採用する。適度なしなりがあり、剛性バランスを図っている。アクスルホルダーはアルミブロックから削り出して製作している
  • Z900RS by エムエスセーリング
    ダウンチューブ風のエンジンガードは、レトロ感がポイントのZ900RS用ならではのアフターパーツだ。“DOHC”とデザインされたポイントカバーも装着
  • Z900RS by エムエスセーリング
    レトロ感がポイントとなるZ900RSのスタイルに大きく影響する4本出しマフラー。ドレミコレクションのマフラーで、デザインはもちろんのこと、重厚なエキゾーストノートもポイントだ
  • Z900RS by エムエスセーリング
    ステップにはドレミコレクションのモノを採用する。ステップバーにはラバーが装着されていて、レトロ感を演出している。ラバーは着脱可能となっている
  • Z900RS by エムエスセーリング
    ブラケットはKファクトリー製で、正立フロントフォーク対応のもの。ハンドルクランプもKファクトリー製で、メタリックシルバーとスーパーブラックがラインナップ
  • Z900RS by エムエスセーリング
    フロントブレーキにはAPレーシングのキャリパーを採用する。フロントフォークを交換した都合上、ノーマルのラジアルマウントからサイドマウントに変更
  • Z900RS by エムエスセーリング
    採用した18インチホイールはドレミコレクションのモーリスマグ。空冷Z系モデルに採用されたホイールを彷彿とされるデザインで、レトロ感を演出している
問い合わせエムエスセーリング
電話番号047-379-6034
Webサイトhttps://www.ms-sailing.com




人気記事





カワサキイチバン