[PR] YOSHIMURA

車体右にレイアウトされたリヤショック、そしてフレームとスイングアームまでを直線的にレイアウトしたデザインが特徴的なER-6nが、2012年モデルで大きくモデルチェンジされる。


外装とフレームを一新。より直線的なデザインを強調

ER-6nは2006年モデルとして発売が開始され、2009年モデルチェンジでヘッドライトまわりなどが変更。それ以外の年式ではカラーチェンジを主としてモデルチェンジされてきたが、2012年モデルチェンジでは外装はもちろん、フレームも一新されている。

従来のフレームはトラスフレームに近いレイアウトだったが、2012年モデルでは平行した2本のパイプをヘッドパイプからリヤショックマウント位置まで直線的に構成したフレームとなっている。イメージとしては、ツインスパーフレームのメインチューブを2本のパイプとしたようなフレームだ。スイングアームも2本のパイプを平行にレイアウトした構成となっており、剛性を見直して旋回性能の向上を図るとともに、フレームからリヤショック、そしてスイングアームまでの従来の直線的なデザインをより強調したこととなる。


マスの集中化を推進。カラーは4パターン

ER-6nは、マフラーなどの重量物をエンジン付近に配置するなど、マスの集中による軽快なハンドリングが魅力の一つであるが、2012年モデルではよりマスの集中が図られているようだ。というのもタンクの前方部をダミータンクとしており、燃料スペースがよりエンジン近くに移設されているように思える。このタンク形状の変更などによるマスの集中と車体設計の見直しにより、おそらく前年モデル以上に軽快なハンドリングとなっているに違いない。

装備面では、ライダー部とタンデマー部が一体となった従来のシートを変更し、新たに別体タイプとなったシートを採用している。ヘッドライトも鋭角的なデザインとするなど、デザイン面も大きく変更した。カラーリングはメタリックスパークブラック、ホワイト、パールシャイニングイエロー、ライムグリーンの4パターンで、ABS付きではメタリックスパークブラックとホワイトが用意される。


オフィシャルビデオ



ER-6n (ER650ECF)※欧州一般仕様


ER-6n ABS (ER650FCF)※欧州一般仕様


ER-6n ABS (ER650FCF)※オーストラリア仕様


SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高 2,110×770×1,110(㎜)
軸間距離 1,410mm
最低地上高 130mm
シート高 805mm
ホイールトラベル (F)125mm (R)130mm
キャスター/トレール 25°/110mm
ハンドル切れ角(左/右) 35°/35°
Fフォーク φ41mm
Fブレーキ ローター:φ300mm
リヤブレーキ ローター:φ220mm
車両重量 204㎏[ABS搭載車:206kg]
エンジン 水冷4ストロークDOHC 4バルブ並列2気筒・649cm3
ボア×ストローク 83.0×60.0(mm)
圧縮比 10.8:1
最高出力 53kw(72.1ps)/8,500rpm(欧州/北米/カナダ/オーストラリア)
52kw(70.7ps)/8,000rpm(東南アジア)
最大トルク 64N・m(6.5kgf・m)/7,000rpm
トランスミッション型式 常噛6段リターン
一次減速比 2.095
ギヤレシオ 1速 2.438
2速 1.714
3速 1.333
4速 1.111
5速 0.966
6速 0.852
二次減速比 3.067
燃料タンク容量 16L
タイヤサイズ (F)120/70-17 (R)160/60-17
ブライト参考小売価格 79万8,000円





カワサキイチバン