製品情報PR

メーカーの理念と美学が詰まった、逸品モノを紹介

[PR] YOSHIMURA

カワサキバイクマガジンvol.131掲載記事(2018年3月31日発売)

PLOT Z900RS CustomDiver

基本性能にこだわった正統派カスタム。

往年の空冷Z系モデルを彷彿とさせるスタイリングと、最新の動力性能で人気のZ900RS。その特徴を活かしながら、よりパフォーマンスを向上させ、スタイリングに存在感を持たせた、いわばスポーツグレードとでもいうべき存在に仕上げられたのが、プロトによるZ900RSカスタムダイバーだ。

ノーマルから7mmアップ/19mmバックのEZ‐FIT BAR(イージーフィットバー)プラステーパー(試作モデル)。7mmダウン/5mmバックのローモデルも用意。ブラック、シルバー、ゴールドの3色展開

素性のよさをさらに向上、上級モデルのような存在感

まず注目されるのが、アップタイプとロータイプの2種類をラインナップするテーパーハンドル。これまでのエフェックスハンドルバーと同様、精度を徹底追求しながら、製造の難しいテーパー化を成し遂げている。カラーバリエーションはブラック、シルバー、ゴールドを用意し、さまざまなカスタムスタイルに対応する。

フロントブレーキにはブレンボを採用し、マスターシリンダーは最新のRCSコルサコルタに専用のタンクステーを装着した。キャリパーには、ニッケルコートがほどこされたGP-4RXを採用し、ブレーキホースは、スウェッジラインプロを組み合わせる。

前後ホイールは旧車感のあるスタイルと軽さを両立させたゲイルスピードタイプNを装着。純正比約15%(プロト測定値)の軽量化で、軽快なハンドリングを実現

足元を特徴付けるのは、ゲイルスピードのタイプN。クラシカルなスタイリングはもちろん、軽さと剛性の高さも魅力だ。さらに駆動系として江沼チエンのThreeD(スリード)チェーンをセレクト。立体的なカットと車体にマッチしたカラーで、性能面と質感を向上させている。

サイレンサーは、アクラポヴィッチのスリップオンラインチタンブラックJMCA。テーパードシルエットから、JMCA適合ながらも上品で存在感のあるサウンドを生み出す

サイレンサーにはアクラポヴィッチのブラック チタンスリップオンを採用。メガホンマフラーを彷彿とさせるスタイルが、ネオクラシックな車体イメージによくマッチングしている。サウンド、性能、軽量化と恩恵は大きく、もちろんJMCAも取得している。

フェンダーレスキットは、純正荷かけフックをそのまま使用できるため利便性も損なわれない。また、純正荷かけフックを取り外しての装着も可能

カスタムにおいて必須アイテムといえるフェンダーレスキットは、純正荷かけフック装着の有無を選択できるモノを使用した。さらにシート高を20mmダウンさせるローダウンキットにより、足着きを向上させるだけでなく、テールアップを抑えて全体のシルエットを上品にまとめ上げる。ローダウン時に有効なショートサイドスタンドも、専用品をラインナップしている。

ローダウンキットの装着による足着きの向上はもちろん、テールが下がることで落ち着いたシルエットも実現する。パーツ自体も純正デザインを踏襲、車体へのフィット感も抜群

プロトの提案するZ900RSカスタムダイバーは、オーナーの好みに合わせたライディングポジション、そして基本性能の向上、クオリティアップを確実に実現した、まさに上級モデルともとらえられる大人のカスタムといえるだろう。

問い合わせプロト
電話番号0566-36-0456
URLhttp://www.plotonline.com/
若林 浩志

フリーランスライター&カメラマン







カワサキイチバン