カワサキレーシングチーム Ninja-ZX-10RR

ページを共有

ヨシムラ

カワサキ・レーシング・チームのジョナサン・レイ選手とアレックス・ロウズ選手は、8月27日(金)にポルトガルのポルティマオで行われた1日テストに参加し、Ninja ZX-10RRの公式マシンで、暑いコンディションの中、パフォーマンスを向上させた。

全長4.592kmのアルガルヴェ国際サーキットで行なわれたテストでは、二人とも自由に新しいセットアップを試すことができた。午後になって路面温度が上昇したことで、フランス、スペイン、ポルトガルと続くレースで予想されるコンディションをシミュレートすることができたと高く評価している。

ポルティマオの路面は比較的新しく、朝はグリップ特性を正常化するためにライン上にタイヤラバーが敷かれていたが、チームは貴重なデータを収集し、将来に向けて新しいアイテムを試す時間となった。

レイ選手は、お気に入りのサーキットで再びテストする機会を得たことを喜んでいた。とくに、スーパーバイク世界選手権の激しいラウンドが目前に迫っている前にして、さまざまなシャシーやジオメトリーのオプションを評価し、レースシミュレーションも実施。10月1日から3日に開催されるポルティマオ・サーキットでのNinja ZX-10RRの本番に備えられたとのことだ。

ロウズ選手は、レースウイーク中に特定のセットアップやタイヤチョイスを見付けなければならないという時間的プレッシャーから解放され、フロントエンドのセッティングを試すことができた。ロウズ選手は高温のコースコンディションの中で、自分とテクニカルスタッフが成し遂げた進歩に満足していると述べ、次戦のフランス・マニクールに向けて、最後の走行時間の直前にバイクでの作業を終えた。

カワサキ・レーシング・チームの2人は、9月3日から5日までマニクール・サーキットで開催される次のフル・レース・ウィークエンドを楽しみにしているとのことだ。

テストを終えたカワサキ・レーシング・チームからのコメントは次のとおり。

ジョナサン・レイ選手

ジョナサン・レイ選手「非常にポジティブなテストでした。たくさんの周回を重ねて、コースは安定していました。最初はラバーの量が少なかったのですが、少しずつ路面の状態がよくなっていきました。レース用のタイヤでロングランを行ない、さまざまなジオメトリーにも取り組みました。ポルティマオでのレースウイークに向けて、マシンのセットアップを微調整しました。新しい路面は素晴らしく、とても楽しく走ることができました。今回のテストでは、マシンとの一体感が得られ、自分のライディングも少しよくなったように感じました。今、自分が満足できるバイクのセットアップができたことを楽しんでいます。笑顔で走り、エンジニアによいフィードバックをすることができました。テストのために多大な努力をしてくれたチームのスタッフと経営陣に心から感謝しています」

アレックス・ロウズ選手

アレックス・ロウズ選手「今朝のテストはよかったですね。バイクのフロントエンドで3、4種類のオプションを試した他、いくつかのパーツも試しました。ジオメトリーをいくつか変更したところ、非常によいフィードバックを得ることができました。午後になって気温が上がってきたので、10月初めのポルティマオでのレースに向けて、より長い距離を走るレースを試してみました。バイクのフィーリングはとてもよかったですね。ポルティマオではNinja ZX-10RRがとてもよく機能していました。我々にとっては非常にポジティブなテストだったので、満足しています」

ペレ・リバ(ジョナサン・レイのクルーチーフ)

「午後になるとコースは暑くなり、気温は45~48度まで上がりました。これからの数レースは暑いコンディションで行なわれるはずなので、これは我々にとって重要なことでした。ここポルティマオでもそのようなコンディションを期待していましたが、それが実現しました。最近のモストとナバラでの2戦は、我々にとって新しいコースであり、慣れ親しんだコースとは少し違っていたので、いくつかのよい情報を得ることができましたが、同時にいくつかの困難もありました。主にバランスとエンジン・マネジメントの面で、これらはつねに連動しています。この1日のテストではよい情報が得られましたし、ジョニーはバイクとかなり深く話していました。次のレースを理解し、最高のスタートを切るために、いくつかの異なる点を試しました。また、将来のための情報収集として、いくつかの新しい部品を試してみました。問題はなく、望んでいたポイントを理解することができたので、次のマニクールを楽しみにしています」

マルセル・デュインカー(アレックス・ロウズのクルー・チーフ)

「今回のテストは我々にとってよいものでした。去年とは路面が変わっていて、最初はタイヤの反応に驚きました。シャシーのセットアップについては、ここ数戦で方向性が決まっていたので、3つの部品を試してみました。全部で55周して、それらの項目を確認し、最後にアレックスがレース用の走行を行ないました。この日の終わりには、とても満足のいくライディングができました」

問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/



人気記事





カワサキイチバン