ページを共有

ヨシムラ

ジェイソン・ウリベ選手

アメリカ人ライダーのジェイソン・ウリベがスーパーバイク世界選手権にZX-10RRで参戦中のOUTDO TPR Team Pedercini Racingに加入することが決定した。

イタリア人のサムエレ・カヴァリエリが離脱し、ルーク・モッセイがドニントンパークで1回だけ代役を務めた後、2021年の残りの期間はジェイソン・ウリベがベルギー人ライダーのロリス・クレッソンとともにZX-10RRを採用するOUTDO TPR Team Pedercini Racingに加入し、2人のアメリカ人ライダーがMOTUL FIMスーパーバイク世界選手権に参戦する。

22歳のウリベは、2018年からMoto Americaのスーパーバイク選手権に参戦し、これまでの全シーズンでポイントを獲得してきた。2021年シーズンにおいてウリベは現在、10レースで33ポイントを獲得し、ランキング13位につけている。今シーズンのベストフィニッシュは8位だ。

また、ウリベはアメリカのスーパースポーツカテゴリーにも参戦しており、FIMヨーロッパMoto2™選手権と並行して、2016年に達成した偉業と同じようにランキング10位圏外でフィニッシュしている。さらにヨーロッパのサーキットでも経験を積んでおり、フランスのスーパーストック600選手権ではアメリカ人として初めて優勝をはたした。イギリスでは2014年、イギリスMoto3選手権で3位、6回の表彰台を獲得し、2013年には125cc選手権で11位、7位という好成績を収めている。

世界の舞台に立つことになったウリベは、次のように語っている。

「OUTDO TPR Team Pederciniからモストで乗る機会を与えられたことに、とても興奮しています。このような素晴らしい老舗チームと一緒に仕事ができるのは、とても楽しいことだと思います。また、2015年にフランスのスーパーバイクシリーズでスーパーストックに参戦したときに知り合った、すでにチームに所属している何人かの人たちと再会できるのも楽しみです。カワサキのマシンに戻るのもいいと考えています。グリーンのマシンでの経験はそれほど多くありませんし、新しいコースなので、大きな学習曲線があることは確かです。とくにピレリのタイヤについては未知数ですが、チャレンジする準備はできています。これまでのところ、みんながとても協力的で、ずっと行きたかったスーパーバイク世界選手権のパドックにようやく入ることができて最高です。この機会を与えてくれたルーチョとOUTDO TPR Team Pederciniには感謝の気持ちでいっぱいです」。

チーム代表のルーチョ・ペデルチーニは次のようにコメントする。

「チェコラウンドからジェイソンをチームに迎えられることをうれしく思います。彼はポテンシャルを秘めた若いライダーであり、我々のチームからスーパーバイク世界選手権に参戦することで合意できたことをうれしく思っています。今年の初めに、若いライダーと一緒に仕事をして成長させるというチームとしての計画を説明しましたが、ジェイソンとの契約は、その哲学を実現するためのものです。ジェイソンにとってはまったく新しい経験となるでしょうが、デビュー戦で彼にプレッシャーを与えることなく、できるだけ早くカワサキに適応できるよう、全力でサポートしていきます」

そのウリベ選手も参戦する2021スーパーバイク世界選手権第6戦は8月6日〜8日にチェコ共和国のオートドローム・モストで開催される。なお1日あたり最大7,000人の観客を収納しての開催が予定されている。

イベント名2021年 スーパーバイク世界選手権 第6戦 チェコ大会
開催日2021年8月6日(金)〜8日(日)
開催場所オートドローム・モスト(チェコ共和国・4.212km)
Webサイトhttps://www.worldsbk.com/en/event/MOS/2021



人気記事





カワサキイチバン