ページを共有

ヨシムラ

2021スーパーバイク世界選手権 第1戦 アラゴンラウンド(スペイン)

5月21〜23日に開催されたスーパーバイク世界選手権 2021年シーズンの開幕戦(スペイン・アラゴン)。カワサキレーシングチーム WorldSBKは決勝レース1およびスーパーポールレースで1-2フィニッシュを飾る快勝を見せたほか、決勝レース2では2-3位という結果を出し、新型Ninja ZX-10RRのデビューウィン、そしてジョナサン・レイ選手は通算100勝という偉業を成し遂げる最高の開幕戦となった。

2021スーパーバイク世界選手権 第1戦 アラゴンラウンド(スペイン)
2021スーパーバイク世界選手権 第1戦 アラゴンラウンド(スペイン)

100勝を達成したレース1後のジョナサン・レイ選手のコメントは以下のとおり。

「今日、100勝を達成することができました。これは多くのハードワークの賜物です。オフシーズンにカワサキが新しいマシンを投入してくれたおかげで、一歩を踏み出すことができました。また、オフシーズンには自分自身のことにも一生懸命に取り組み、すべての面で向上したと思っています。
私はバイクレースの夢を持って生まれ、1993年、94年には両親と一緒にモトクロスコースを走り回っていました。その歴史は素晴らしいものです。2008年にスーパースポーツで世界選手権に参加する機会を得て、ルーキーシーズンの後、すぐにスーパーバイクに転向しました。2009年のミサノではルーキーながら初優勝をはたし、現在は100勝を達成しています。でも、100勝に近づいたときには、大きな目標になりました。100勝はとてもクールな数字であり、キャリアのランドマークでもあります。とても誇りに思っています。
冬のテストでは悪天候に見舞われましたが、チームはあらゆる手段を講じて、可能な限りすべてのテストに参加しました。彼らはさまざまなことを再編成し、スケジュールを変更してくれました。経営陣だけでなく、メカニックやその家族も犠牲になってくれました。今シーズンのオフは自宅を離れている時間が長く、何もしていないことも多かったのですが、今はいい状態にあります。第1レースで優勝したことで、昨年よりも25ポイントもいい状態でチャンピオンシップをスタートすることができました。いいスタートが切れたと思います」

2021スーパーバイク世界選手権 第1戦 アラゴンラウンド(スペイン)
2021スーパーバイク世界選手権 第1戦 アラゴンラウンド(スペイン)

続いてアレックス・ロウズ選手のコメントとなる。

「今週末はずっといい感じで、とても好調でたくさんの周回を重ねることができました。決勝では、6周目か7周目あたりからフロントに問題が出てきてしまいました。予想外のことでした。第5コーナー、第10コーナーへの進入で2度スライドしてしまいました。
今年の最初のレースなので、ここで転倒したら元も子もないと思いました。自分のリズムを見付けて、ジョナサンに先を任せ、誰かが追い抜いてきたら戦うようにしようと考えていました。そしてそれがトプラックだと気付きましたが、彼はブレーキがとても上手い! このエリアでは、どういうわけか、いつもと同じようにブレーキが効きませんでした。このエリアでは、なぜか練習走行のときのようなフィーリングが得られなかったのです。幸い、トプラックはリヤタイヤにSCXを使用していたので、彼は大きくスライドし始めました。私は非常にスムーズで、うまく管理できたので、再び彼とのバトルが始まりました。
レースの後半は非常に厳しかったですが、あの難しさで、最後に2位になれるとは思っていませんでした。ポジティブなポイントは、予選がよかったこと、スタートがよかったこと、そしてスタート時にうまく乗れていたことです。明日に向けて改善していきましょう」

ジョナサン・レイ選手は日曜日のスーパーポールレースでも勝利し、歴代最多となる101勝目を開幕戦で飾り、前人未踏の7連覇に向けてもこれ以上ないスタートを飾った。次戦となる第2戦は5月28〜30日(エストリル)。次回のカワサキレーシングチーム WorldSBKの活躍にも期待したい。

問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/



人気記事





カワサキイチバン