ページを共有

PR ヨシムラ

2019 MotoGP

これで2020年MotoGPは6戦が開催中止に

国際モーターサイクリズム連盟(FIM)は6月1日、国際ロードレーシングチーム連盟(IRTA)、ドルナスポーツとともに、新型コロナウイルス感染症の蔓延により、2020年10月16日から18日にツインリンクもてぎで開催を予定する『Motul Grand Prix of Japan(日本GP)』のキャンセルを発表した。

ツインリンクもてぎの公式発表によると、国内外における新型コロナウイルスの感染拡大状況や各地域での防止対策などを踏まえると、チャンピオンシップ関係者の大移動をともなう遠征開催を避けてヨーロッパ内での開催を優先し、シリーズの成立に向けたMotoGP™シリーズ戦再構築の要請があったため、と説明している。

ドルナスポーツの最高経営責任者であるカルメロ・エスぺレータ氏は、MotoGP公式サイトで「MotoGP™ファミリーには、シーズンの再開、そして可能な限り多く、安全なイベントの開催に向けて懸命に作業を進めています。この理由により、国際モーターサイクリズム連盟とドルナは、国際ロードレーシングチーム連盟、モーターサイクルスポーツ製造者協会(MSMA)と協議を重ね、できる限り多くのイベントを欧州で開催するために、11月中旬まで欧州に滞在することを決定しました。従って、オーバーシーのイベントに関しては、開催が可能の場合、11月中旬以降のスケジュールにする必要があり、日本GPを開催するには、あまりにも時期が遅すぎます」と説明している。

なお、本大会の中止にともない、10月17日(土)に開催予定だった公道パレード「グランプリロードR123パレード」も中止となることが併せて発表されている。




人気記事





カワサキイチバン