ページを共有

[PR] YOSHIMURA

カワサキが誇るハイパースポーツモデルであるニンジャH2シリーズのツアラーバージョンとなるニンジャH2 SX。その2019年モデル・国内仕様がこの度発表されている。

国内仕様として発表されたのは、予告通りニンジャH2 SX/ニンジャH2 SX SE、そして昨年のEICMA 2018にて発表され大きな話題となったニンジャH2 SX SE+の3モデルすべてとなっており、スタンダードモデルとなるニンジャH2 SXは2018年モデルからの継続で、価格は据え置きの199万8,000円(税込)で、諸元等に変更はない模様だ。

また、LEDコーナーリングライトやフルカラーTFT液晶スクリーンなどを備えた中間モデルとなるニンジャH2 SX SEは、ハイリーデュラブルペイントと呼ばれる細かな擦り傷などを自己修復する特殊塗装を追加採用し、価格は2018年モデルから2万1,600円高となる239万7,600円(税込)となった。

そして最後に、最上位モデルとしてKECS(電子制御サスペンションシステム)やブレンボ社製最新キャリパー「Stylema」など豪華装備をプラスしたニンジャH2 SX SE+もめでたく国内導入され、気になる価格はSX SEより37万8,000円高い、277万5,600円(税込)となっている。3モデルともに発売は2019年2月1日から。

※エンブレムのデザインリニューアルなど一部変更あり


2019年モデル Ninja H2 SX

2019年モデル Ninja H2 SX SE

2019年モデル Ninja H2 SX SE+

モデルバリエーション

FEATURE Ninja H2 SX Ninja H2 SX SE Ninja H2 SX SE+
バランス型
スーパーチャージド
エンジン
エレクトロニック
クルーズコントロール
KMCF
(IMU フィードバック利用)
KTRC ✓(Linked)
KLCM  
カワサキエンジン
ブレーキコントロール
パワーモード選択 ✓(Linked)
KQS
(デュアルディレクション)
アクセサリー
KIBS
LED コーナーリングライト  
フルカラーTFT
液晶スクリーン
 
KECS     ✓(Linked)
ブレンボ社製
「Stylema」キャリパー
   
インテグレーテッド
ライディングモード
(KTRC、パワーモード選択、KECSを連携)
   
スマートフォン接続機能    
ハイリーデュラブル
ペイント
 

は2019年モデルで新採用。「Linked」はインテグレーテッドライディングモード連動

問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/



人気記事





カワサキイチバン