[PR] YOSHIMURA

ジョナサン・レイ選手
ピットでのジョナサン・レイ選手。計時予選では2’05.722と2’05.403を記録

天候不順が見込まれるなか開催されている、2018 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース。28日(土)は27日(金)の公式予選の結果を踏まえ、上位10チームでスターティンググリッドの順位を争うTOP10 トライアルが開催された。ただし今年のTOP10トライアルは、コースコンディションが不透明なため、40分間の計時予選に変更され争われることとなった。

Kawasaki Team GREENからは、昨日2’05.168という脅威のラップタイム記録したジョナサン・レイ選手とレオン・ハスラム選手が出走。ライバルチームが2分6秒台でしのぎを削るなか、Kawasaki Team GREENの二人のみが唯一の2分5秒台を記録し、カワサキとしては、1995年以来、実に23年ぶりのポールポジションを獲得して明日の決勝を迎えることとなった。

決勝レースは29日(日)・11:30〜19:30に行なわれる。(状況によっては、予定の変更もあり) 天候によっては波乱含みの展開も十分予想されるが、カワサキ悲願の8耐制覇に向けて、ぜひとも大きな声援を送って欲しい。

カワサキ応援席のようす
緑色に染まったカワサキ応援席のようす

【鈴鹿8時間耐久ロードレース】

台風の影響により土曜のトップ10トライアルは中止になり、40分間の計時予選に変更になりました。

各チームの選手がアタックしていく中、レオンが先にアタックにむかってタイムを出し、予選後半になってジョナサンに…

株式会社カワサキモータースジャパンさんの投稿 2018年7月28日土曜日


TOP10トライアル 結果

Pos. No. Team Type Time Delay Gap Lap
1 11 1 Kawasaki Team GREEN Kawasaki ZX-10RR 2’05.403 167.11km/h   12/12
2 33 2 Red Bull Honda with Japan Post Honda CBR1000RR SP2 2’06.127 0.724 0.724 9/12
3 21 3 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA YZF-R1 2’06.170 0.767 0.043 11/12
4 634 4 MuSASHi RT HARC-PRO.Honda Honda CBR1000RR 2’06.177 0.774 0.007 12/13
5 12 5 YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING SUZUKI GSX-R1000L8 2’06.642 1.239 0.465 3/6
6 95 6 S-PULSE DREAM RACING・IAI SUZUKI GSX-R1000 2’06.756 1.353 0.114 10/10
7 090 7 au・Teluru MotoUP Racing Team Honda CBR1000RR SP2 2’07.246 1.843 0.490 9/13
8 7 8 YART-YAMAHA YAMAHA YZF-R1 2’07.387 1.984 0.141 2/8
9 19 9 KYB MORIWAKI MOTUL RACING Honda CBR1000RR SP2 2’08.128 2.725 0.741 10/10
10 79 10 Team SuP Dream Honda Honda CBR1000RR SP2 2’08.200 2.797 0.072 3/13
大会名称2017-2018 FIM世界耐久選手権最終戦 "コカ・コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会
併催2018 鈴鹿4時間耐久ロードレース<ST600>
主催一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)、株式会社モビリティランド
冠協賛コカ・コーラ
会場鈴鹿サーキット 国際レーシングコース(1周/5.821km)
開催日程7月26日(木)〜29日(日)
公式サイトhttp://www.suzukacircuit.jp/8tai/



人気記事





カワサキイチバン