プロダクツ

メーカーの理念と美学が詰まった、逸品モノを紹介

[PR] YOSHIMURA

日本ビート工業がレースシーンで得られた技術をフィードバックしたエキゾーストシステム、ナサート・エボリューションを新たに開発。その第一弾としてZ1000、ZRX1200ダエグ用フルエキゾーストを発表した

photographs & text by Kenji Natsume

カワサキのチームで採用された新技術

サイレンサー形状のポピュラーなものは真円サイレンサーなのだが、消音容量を確保するためには大型化せざるを得ず、タイヤの高性能化によりバンクした際にサイレンサーが路面にヒットしてしまうようなことも起こりうる。これらのウィークポイントを解決する手段がサイレンサーを異型断面とする手法である。

カワサキの社内チーム、チームグリーンにマフラーを供給する日本ビート工業は、異型断面サイレンサーを採用したフルエキゾースト、ナサート・エボリューション・シリーズの開発に着手。第一弾としてZ1000用とZRX1200ダエグ用エキゾーストシステムの2種類が間もなく発売されようとしている。

「チームグリーンでは昨年オーバルタイプのサイレンサーを使用していましたが、今年はこのエボ・サイレンサーを使用しています。さまざまなテストやレースの現場で得られたデータをもとに、現在存在する最高の技術を投入してできたのが、このエボ・サイレンサーです」

BEET Z1000

異型断面を採用したエボリューション・サイレンサー。エンドピースや差込口といった箇所に、現代の最高の技術が惜しみなく投入されている。Z1000用エキゾーストは2本出しでサイレンサー長も短く設定(写真はプロトタイプ)

こう語るのは日本ビート工業の専務・鷲野泰孝氏。

Z1000用エキゾーストシステムはノーマルと同様の2本出し設定だ。なぜかと言うと、1本出しにするとサイレンサーが大型化してしまい、バイクそのもののイメージが変化してしまうからである。2本出しで消音容量を確保したためにパイプ長も短くすることが可能になり、マスの集中化にも貢献している。1-3、2-4をタテに連結して一本にまとめ、さらに2本に分割するという集合方式も新採用した。

BEET

キゾーストパイプの取りまわしも全面的に変更し、斬新なイメージに生まれ変わった。エキゾーストパイプ途中でパイプ径を太くするコニカルヘッダーを採用しており、高回転域の伸びを実現した

BEET

1-3、2-4をタテにあわせ、さらに一本に絞った後、2本に分割されている。数限りないテストによって生み出されたもっとも効率のいい方式だ。溶接の美しさはさすがのひと言

ZRX1200ダエグ用エキゾーストシステムは6月上旬、Z1000用エキゾーストシステムは6月中旬の発売が予定されている。ナサート・エボリューションのラインナップは順次増えていく予定だ。カワサキとは縁の深い日本ビート工業だけに、今後の展開が楽しみである。

BEET Z1000

ノーマルと同様の2本出しサイレンサーとすることで、車両本来が持つイメージを踏襲した。サイレンサーは短めに設定しており、マスの集中化にも大きく貢献。軽快な走りを楽しむことができる

BEET ZRX1200DAEG

ビッグネイキッドのフラッグシップ、ZRX1200ダエグ用のエキゾーストシステムは6月上旬の発売を予定。JMCA試験にも合格しているエキゾーストシステムだ

問い合わせ日本ビート工業
電話番号072-257-7600
URLhttp://www.beet.co.jp





カワサキイチバン