[PR] YOSHIMURA

細部までこだわり抜いたクラシックテイスト溢れるデザイン。そして360度クランクのロングストロークエンジンから生み出される心地よい鼓動感と低中回転域の力強いトルクが特徴的なW800。その2014年モデルがこの度発表された。

2013年モデルからの変更点はカラーリングのみ。採用されたボディカラーは、スタンダードがパールクリスタルホワイトとメタリックノクターンブルーの2色。そしてスペシャルエディションはエボニーが採用された。スペシャルエディションは、フューエルタンクと金属製のサイドカバーにキャンディバーントオレンジのラインが入り、ホイールリムにも同色のピンストライプがほどこされている。前年度のスペシャルエディションからの変更点としては、オレンジのパイピングやタックロールの形状が新しい専用シートが採用されることとなった。スタンダードとスペシャルエディションともに、性能や諸元は2013年モデルからの継続となる。発売は9月1日から。

2014年モデル W800

2014年モデル W800 Special Edition


SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高 2,180mm×790mm×1,075mm
軸間距離 1,465mm
シート高 790mm
車両重量 216kg
エンジン 空冷4ストロークSOHC 4バルブ 並列2気筒・773cm3
ボア×ストローク 77.0mm×83.0mm
最高出力 35kW(48PS)/6,500rpm
最大トルク 62N・m(6.3kgf・m)/2,500rpm
燃料タンク容量 14リットル
タイヤサイズ (F)100/90-19
(R)130/80-18
価格 85万500円[88万950円]
発売予定日 2013年9月1日

※[ ]はSpecial Edition

排気音

※車両は2011年モデル
カワサキモータースジャパン「W800/W800Special Edition」
カワサキモータースジャパン「W800スペシャルサイト」






カワサキイチバン