[PR] YOSHIMURA

2012年モデルのZRX1200ダエグに、カワサキ正規取扱店特別仕様車が追加ラインナップされる。気になる変更内容だが、カラーリングから機能性パーツまで、スタンダードモデルからの変更箇所は数多い。

機能的な変更でもっとも注目すべき点はリヤショックで、オーリンズ製を採用している。さらにZRX1200ダエグ特別仕様としてコンプレッションアジャスターをゴールドとしている。調整機構は、圧側減衰力調整を20段階、伸側減衰力調整を30段階とし、シングルナット式の無段階プリロードアジャスターを装備する。シートはタックロールタイプとし、クラシカルなイメージを持たせつつ、シート高をスタンダード比で5mmダウンさせた。

カラーリングに関しては、車両全体のカラーリングからワンポイント的な部分まで多くが変更されている。なんといっても特筆すべきは車両全体のカラーリングで、待望のライムグリーンが採用されたことだ。ZRX・ZRX1100/1200といったZRXシリーズで、このモデルのイメージカラーともいえるカラーリングがライムグリーンである。このカラーリングがZRX1200ダエグで採用されることを待ち焦がれていたライダーも多いかと思うが、これまでのZRX1200ダエグではライムグリーンのラインナップはなく、この特別仕様車で初めて採用されることとなった。この他、カラーリングのワンポイント的な変更点として次の点が変更されている。

  • フューエルタンクキャップに溝加工付きリング、ゴールドを採用
  • シルバーアルマイトのハンドルバーを採用
  • フューエルタンクエンブレムにゴールドのアルミ立体エンブレムを採用
  • フューエルインジェクションカバーにフラットブラック塗装を採用
  • ヘッドカバー、エンジンカバーにフラットメタリックグレー塗装を採用
  • フロントフォークトップキャップにアルマイトブルー塗装を採用
  • フロントフォークアウターチューブ、スイングアームにファントムシルバー塗装を採用
  • エキセントリックチェーンアジャスターのスリーブにアルマイトシルバーを採用
  • 前後ブレーキキャリパーにゴールド塗装を採用
  • 前後ホイールにゴールド塗装を採用

このように車両の所有感を満たす細かな変更が数多くほどこされ、リヤショックの変更といった性能面にも手が加えられたZRX1200ダエグ・カワサキ正規取扱店特別仕様車。価格はスタンダードモデルより10万円アップの124万円で、12月1日(木)から400台限定で発売される。


SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高 2,150×770×1,155(mm)
軸間距離 1,470mm
シート高 790mm
車両重量 246kg
エンジン 水冷4ストローク並列4気筒DOHC 4バルブ・1,164cm3
ボア×ストローク 79.0×59.4(mm)
最高出力 81kW(110ps)/8,000rpm
最大トルク 107N・m(10.9kgf・m)/6,000rpm
燃料タンク容量 18L
タイヤサイズ (F)120/70-17(R)180/55-17
価格 124万円

カワサキモータースジャパン「ZRX1200DAEG」

→2012年モデルの通常仕様はこちら






カワサキイチバン