プロダクツ

メーカーの理念と美学が詰まった、逸品モノを紹介

[PR] YOSHIMURA

着火性能を上げ、燃焼効率を向上させることでエンジンの性能を引き出そうとするプラズマダイレクト。このラインナップにニンジャ1000用とZ1000用が加わった

PLASMA DIRECT by OKADA PROJECTS

点火回数を増やして性能アップとコンディション維持を図る

オカダプロジェクツが以前から発売していたプラズマダイレクトに、ニンジャ1000用とZ1000用が追加された。プラズマダイレクトは、ダイレクトイグニッションシステムを採用したモデルに対応した点火チューニングパーツである。ノーマルのダイレクトイグニッションコイルをプラズマダイレクトに交換することで、点火時の着火性能を上げ燃焼効率を向上させようとしているのだ。

着火性能を向上させる仕組みは、通常1回しか発生しない火花を3回以上発生させることで失火を防ぎ、燃焼に最適な電気を流すことで混合気と火花が接触する時間を長くして、未燃焼ガスの発生を抑えているのだ。

この燃焼効率の向上によりトルクアップを図り、有害ガスの排出やカーボンの蓄積も低減させようとしている。また、着火性能を上げることにより始動性が向上。さらに、燃焼速度も速くなるためパワーアップやレスポンスの向上、ノッキングの減少も期待できる。このようにプラズマダイレクトはエンジンの性能向上を図るとともに、コンディションの維持にも一役買っている。

今回取材したプラズマダイレクトを装着したニンジャ1000を公道で試乗したところ、エンジンのスムーズさとエンジンノイズの低減、そしてレスポンスアップはハッキリと体感できた。また高回転域ではパワー感の向上も得られたほどだった。チューニングパーツというと、限界走行をしたときにはじめて性能の差が体感できるイメージもある。しかしプラズマダイレクトの場合、限界走行したときだけでなく、市街地での低回転域やワインディングといった、さまざまなシチュエーションで効果を十分体感できる点火チューニングパーツなのである。

ニンジャ1000 ノーマルイグニッションコイル

ニンジャ1000のノーマルイグニッションコイル

ダイレクトイグニッションシステム

ダイレクトイグニッションシステムはプラグコードがなく、イグニッションコイルを直接プラグへ取り付ける構造を持つ

プラズマダイレクト 取付

プラズマダイレクトの取付は、ノーマルのダイレクトイグニッションコイルと交換するだけなので、取り付けの際に加工の必要はない。プラグ交換ができれば、プラズマダイレクトへの交換は問題なくできる

ニンジャ1000 プラズマダイレクト 装着状態

ニンジャ1000のダイレクトイグニッションコイルをプラズマダイレクトに交換した状態。プラズマダイレクトは4本セットで販売される。尚、Z1000用プラズマダイレクトは10年式からの対応となる

ニンジャ1000(ノーマル) ダイレクトイグニッションコイル 電流波形

ノーマル状態でのニンジャ1000のダイレクトイグニッションコイルの電流の波形

ニンジャ1000+プラズマダイレクト ダイレクトイグニッションコイル 電流波形

プラズマダイレクトの場合、電流の山が複数回存在し、かつノイズが減少している

『ニンジャ1000・Z1000用プラズマダイレクト』7万9,800円

プラズマダイレクト | 点火チューニング | OKADA PROJECTS

問い合わせオカダプロジェクツ
電話番号044-822-3341
URLhttp://www.okadaprojects.com





カワサキイチバン