[PR] YOSHIMURA

VISOR SCREEN by MAGICAL RACING

防風効果にプラスして高級感も演出できる!

バイクの醍醐味の一つは“風を感じながら走る”ことだ。しかし、その風も、速度が上がればライダーを消耗させる原因になる。また、それが長時間になれば、さらに疲労はたまっていく。カウルで全身が保護されているスポーツモデルならまだしも、カウルの付いていないネイキッドでは、その疲労度は大きい。そこで、ネイキッドで防風効果を高めるのに定番なのが、いわゆる“ビキニカウル”だ。しかし昨今、ヘッドライト形状をはじめ、独特なデザインを採用した、いわゆるハイパーネイキッドモデルには従来のデザインの丸目ヘッドライトに装着するようなビキニカウルではルックス的にマッチしないし、何よりマシンの特徴でもあるヘッドライトを換えてしまっては意味がない。そこでマジカルレーシングがこういったモデルに積極的にリリースしているのが“バイザースクリーン”だ。

VISOR SCREEN by MAGICAL RACING

今回紹介するのは同社の最新モデルであるZ1000用(10年式~)だ。このモデルも特徴的なデザインが採用されており、性能的にもスピードが出る。そのため、長距離走行を快適にすごすためには、防風性能を向上させることは必須条件。しかし、ヘッドライトを覆うビキニカウル的な仕様にすれば割高になってしまう。そこで価格的にユーザーの手が届きやすく、しかもマシン自体のデザインを損なわないことなどを考慮して、同社が出した答えが写真のスクリーンになるのだ。

さらに同社はいくつかの仕様をリリース。一つは写真上のバイザースクリーンでメインカットのフルカーボン仕様とその右の一部にカーボン+FRP仕様(写真はFRP部分を車体色に合わせてペイントしているが、黒/クリア仕上げになる。別途ペイントには対応してくれるとのこと)でノーマルより190mm延長されているタイプ。もう一つがノーマルより110mmロングのフロントバイザーカウルだ。これはカーボン製となり、防風効果は相応に上げつつルックスを大きく変更させたくないというユーザーにお勧め。ちなみにバイザースクリーンのスクリーン部はクリア/スモーク/スーパーコートの3タイプを選択可能。選ぶ楽しさも味わえ、その作り込みで高級感の演出もできるのだ。

VISOR SCREEN by MAGICAL RACING

この写真はFRPとカーボンを組み合わせたタイプで(FRP部は通常黒/クリアで、塗装は別途費用がかかる)、スクリーンにスーパーコートがセットされている。ちなみに一番上の画像はフルカーボン仕様(綾織りか平織りを選択可)で、スモークスクリーンを採用した仕様だ

問い合わせマジカルレーシング
住所大阪府柏原市国分東条町4284-2
電話番号072-977-2312
URLhttp://www.magicalracing.co.jp





カワサキイチバン