GALESPEED RADIAL MASTER CYLINDER by ACTIVE

最後発モデルとして機能を徹底的に追求する

操作系のパーツのなかでも、とくにブレーキやクラッチマスターは、バイクをコントロールする要となるパーツだ。プロ・アマを問わず、カスタムマシンのほとんどがマスターを交換しており、いまや定番中の定番ともいえるカスタムパーツとなっている。

“ゲイルスピード”ブランドの企画、開発を行なうアクティブは、カスタムホイールに続く同ブランド第二弾の製品としてブレーキ・クラッチマスターシリンダーをリリースした。いずれもラジアルポンプ方式で“VRC”と“RM”の2種類をラインナップしている。

上位機種として位置付けられるVRCは、バリアブル・レシオ・コントロールの略語で、その言葉どおりレバーのノッカーを介してレバーのレシオを変更することができるマスターとなっている。その変更幅は0・25mm刻みで、最大2mm幅となっており、組み合わせられるキャリパーやライダーの好みに応じて細かな変更を行なうことが可能。ピストン径はφ19mmとφ16mmの2種類で、支点から作用点の調整幅を17mmと19mmの二種類設定している。なお、VRCはレバーのレシオを変更することができるので、この数値は変更幅の中間を表している。つまりVRC19mmを使用する場合、18mmから20mmまでの間で0・25mm刻みでレシオの変更ができるということになるのだ。もう一つのタイプであるRMはシンプルなダイレクト構造を採用したタイプで、VRCよりもリーズナブルな価格設定。こちらもピストン径はφ19mmとφ16mmで、支点から作用点19mmと17mmとなっている。

どちらのタイプも鍛造で製作されているので、そのボディはスリムながらも高剛性な仕様。また、フィッティングは支点を設けたクイックリリース方式を採用しており、装着やメンテナンス作業にも配慮した。純正のリザーブタンクでも使用できるように、タンクのニップルは2種類が同包されている。レバーは転倒時に受ける衝撃を逃がす可倒式となっていて、ブレーキレバーはパワーレバー形状を採用。クラッチレバーはストレートレバーとしており、レバーを握りきった際にレバーがスイッチボックスに干渉するリスクを避けるなど、同社がレースサポートでつちかったデータがフィードバックされた形状となっているのだ。

約30万回ものストロークテストにより実証された耐久性、さらに整備性の面で最適とされる場所に位置するニップル類など、マスターシリンダーの最後発モデルとして可能なまでに性能を突き詰めたのが、このゲイルスピード・ラジアルマスターシリンダーなのである。同ブランドは、今後キャリパーなどの開発も行なっていくそうで、最終的にはブレーキシステム全体のパーツを展開していく予定だという。

レバーレシオ調整

レバーのレシオはシリンダー側にあるスクリューにより調整可能。そのため多様なキャリパーや好みに合わせた細かなセッティングを行なうことが可能なのだ

レバーレシオメモリ

レバーレシオは0.25mm刻みで最大2mm変化

リモートアジャスター

 マスター本体のみならず、関連するパーツももちろんラインナップ。こちらは長時間の走行で変化するタッチを簡単に変更することができるリモートアジャスターだ

クイックリリースシステム

マスターのアッパー側に支点を設けて、ボルト1本でフィッティングが可能なクイックリリースシステムを採用した。これにより短時間で確実な作業を可能にしている

RMタイプ

レシオ調整機能をキャンセルしたRMタイプ。VRCに比べかなりリーズナブルな価格だが、マスター本体のスペックはVRCと同様、高機能・高剛性が追求されている

問い合わせアクティブ
住所愛知県日進市藤塚7-55
電話番号0561-72-7011
URLhttp://www.acv.co.jp