[PR] YOSHIMURA

昨年10月のINTERMOT 2010で欧州仕様が発表され、今年2月には国内仕様のデリバリーが開始されたW800。往年のWシリーズのスタイルに磨きをかけ登場したこのモデルが、多くのライダーの支持を集めているのは周知のとおりだが、カワサキは2012年モデルも現行仕様を継続して販売することを発表している。

スタンダードモデルのカラーは、キャンディゴールドスパークとメタリックダークグリーンの2色。そしてスペシャルエディションはエボニーの1色展開となっており、諸元および価格等に変更はない。

W800といえば流麗なスタイルのイメージが先行するが、そのトルク感溢れる走りも人気の秘密である。低い回転数からアクセルを開けたときの、地面を蹴って駆けていくような鼓動感は、Wシリーズならではの醍醐味といえるだろう。

→カワサキが「W800 秋のキャンペーン」をスタート! 9月1日〜11月30日まで


詳細

オプションパーツ

Cafe Style

排気音

SPEC
●全長×全幅×全高:2,180×790×1,075(mm)●軸間距離:1,465mm●シート高:790mm●車両重量:216kg●エンジン型式・排気量:空冷4ストロークSOHC 4バルブ 並列2気筒・773cm3●最高出力:35kW(48PS)/6,500rpm●最大トルク:62N・m(6.3kgf・m)/2,500rpm●タンク容量:14リットル●価格:850,000[880,000]円 ※[ ]はSpecial Edition

●発売予定日:2011年11月1日

カワサキモータースジャパン「W800/W800Special Edition」
カワサキモータースジャパン「W800スペシャルサイト」






カワサキイチバン