[PR] YOSHIMURA

川崎重工業が東北地方太平洋沖地震の被災地・被災者へ2億円相当の支援を決定

3月14日、川崎重工業株式会社は、先の東北地方太平洋沖地震の被災地・被災者への支援として、義援金1億円とD-TRACKER X・15台をはじめとした支援物資、総額2億円相当を贈ることを決定している。

支援物資の内訳は以下のとおり

  • D-TRACKER X = 15台
  • D-TRACKER 125 = 15台
  • KCM製ホイールローダ = 5台
  • アーステクニカ製破砕機(コンクリートがら破砕処理用) = 3機

またtwitter等で、「なぜD-TRACKERなのか。被災地支援には走破性の高いKLXシリーズのほうがよかったのではないか」といった声に対して、カワサキモータースジャパンは以下のようにコメントしている。

@ViveLaBibendum @hayatonbokun オフ車の方が良いとのご意見もっともと思いますが、支援用車は、基本的に連絡用に使用していただければと考えています。オフロードタイプですと危険な場所に入っていく可能性が高く、二次災害につながる危険があると判断しています。
11:49 PM Mar 14th webから ViveLaBibendum宛

今回の災害では、自動車等かなり被害を受けており、今ではなく今後を考慮した場合に連絡用車両が必要と感じています。被災地は、神戸震災と違い完全な枯れ場な為、下手に侵入するとパンクし、逆に足手まといになる可能性及び危険箇所が多いと思い、救援車ではなく支援車として判断しています。
12:00 AM Mar 15th webから

前のツイートちょっと説明不足でした。なんでKLX(オフロード車)ではなくD-TRACKERなんですか?との問合せがありましたので、説明をしておりました。支援車両での二次災害は、起こしたく無いと判断させていただいております。失礼いたしました。
1:03 AM Mar 15th webから


かつてないほどの被害をもたらした今回の東北地方太平洋沖地震。我々ができることの一つとして、義援金を贈ることがあげられるが、二輪専門誌が中心となって以下のような呼びかけを行っている。ぜひライダーの力で、被災地および被災者の方の支援と復興に貢献してほしい。


「二輪車ライダー排気量募金」のお願い

未曾有の大災害となっている東日本大震災について、私ども二輪専門誌は、その被災者の方々への支援のために、二輪車ライダーの方々に「排気量募金」の呼びかけをすることになりました。その内容は、二輪車ライダーそれぞれの方がお持ちの二輪車の排気量分の金額を被災者支援金として寄付していただくというものです。つきましては、二輪車をお持ちの方々は以下のような内容でご寄付をいただくよう、よろしくお願い申し上げます。
(2011年3月 二輪専門誌有志一同)

【送金先】

郵便局・ゆうちょ銀行
口座記号番号:00140-8-507
口座加入者名:日本赤十字社 東北関東大震災義援金
取扱期間:平成23年3月14日(月)~平成23年9月30日(金)
※郵便局窓口での取り扱いの場合、振替手数料は免除されます
※郵便窓口でお受取りいただきました半券(受領証)は大切に保管してください
※通信欄にお名前、ご住所、電話番号を記載してください

【金額について】

○所有する二輪車の排気量分の金額
250ccバイクをお持ちの方は250円、1,000ccバイクをお持ちの方は1,000円と、対応する金額をお振り込みください
○250cc未満の場合は250円
250cc未満の125cc、50cc等をお持ちの場合は、最低金額を250円としてお振り込みをお願いいたします
○金額の上限は問いません
もちろん、排気量分以上の金額をお振り込みいただいてもかまいません。例えば、複数台数をお持ちの場合など、ぜひ1台分以上のお振り込みをお願いいたします

【ご寄付いただいた後のメール送信】

○ご寄付いただいた場合、以下の宛先にお名前と寄付金額、メッセージなどを記載したメールをお送りください
haikiryo.bokin@gmail.com
○後日集計し、二輪専門誌の誌面等で合計金額、メッセージなどを公表させていただきます

二輪車にかかわるジャーナリスト有志一同 (MCJC) ホームページ・お問合せ
http://www.seihosha.jp/mcjc/






カワサキイチバン