[PR] YOSHIMURA

2010年7月22日〜25日 鈴鹿8時間耐久ロードレース

2010年7月22日(木)〜25日(日)、“コカ・コーラゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレースが開催された。

25日の決勝には50台のマシンが出場し、このうちカワサキのマシンで参戦したチームは7チーム、7台。各チーム、ZX-10Rで8時間を戦った。今年の大会は例年にない猛暑で、午後2時には40度近くまで気温は上昇し、路面温度は近年では記録がないほどの65度にまで達した。

このような過酷の状況のなか、午前11時30分にレースがスタート。今年のカワサキ勢としてはスターティンググリッド最前列となる10番グリッドからエヴァンゲリオンRT初号機トリック☆スターがスタートしたが、スタート約30分後にマシントラブルでピットイン。45位まで順位を落としてしまう。逆に、大きなトラブルもなく、安定した走りを見せていたのがビートレーシングだった。ライダーは高橋、波多野、西嶋の3選手。13番グリッドからスタートしたビートレーシングは、上位チームの転倒やトラブルこそあったものの、着々と順位を挙げ、今年のカワサキ勢では最上位となる8位でゴールする。続いて、海外から参戦しているTEAM BOLLIGER SWIZERLAND#8が9位、カワサキ正規取扱店RSイトウを母体としたRSイトウ&アジアが13位、そしてエヴァンゲリオンRT初号機トリック☆スターは追い上げるも15位という戦績だった。

2011年にはZX-10Rが、“サーキットナンバーワン”から“レースでの勝利”とコンセプトを変更し生まれ変わる。来年のカワサキ勢に期待したい。

カワサキ系チーム・リザルト
順位 ゼッケン チーム名(ライダー) 周回数
8位 #9 ビートレーシング(ライダー:高橋、波多野、西嶋) 208周
9位 #8 TEAM BOLLIGER SWIZERLAND#8
(ライダー:H.セイガー、P.マフ、R.スタム)
206周
13位 #26 RSイトウ&アジア(ライダー:東村、岩崎、医王田) 204周
15位 #01 エヴァンゲリオンRT初号機トリック☆スター
(ライダー;武石、芹沢、今野)
203周
22位 #770 山科カワサキ&ビジネスラリアート
(ライダー:水澤、山崎、野田)
198周
規定周回数不足
ゼッケン チーム名(ライダー) 周回数
#58 RSガレージハラダ姫路(ライダー:原田、苅田) 160周完走
#35 プラスワンMCRT(ライダー:今津、西川) 16周リタイヤ

鈴鹿8耐公式サイト
鈴鹿8耐決勝リザルト






カワサキイチバン