[PR] YOSHIMURA

軽量・コンパクトな並列2気筒エンジンを搭載し、ニンジャシリーズの中核を担う存在であるNinja 650。キャラクターとしてはツーリングやスポーツ走行など幅広いシーンで高い走行性能を発揮するオールラウンダーといった位置付けのモデルである。そのNinja 650の2017年モデルが、現在ドイツ・ケルンで行なわれているインターモト2016にて発表されている。

→国内仕様の詳細はこちら

発表されたのは、欧州一般仕様のABSモデルで、2012年以来5年ぶりの大幅なアップデートが施されている。大きな特徴としてはもちろんその外観で、先代の丸みのある柔らかなイメージとは対照的に、ZX-10Rライクなスポーティで角張ったフォルムが与えられているところがポイントである。大振りだったシート部分は跳ね上がりを持たせコンパクトに変更されており、また特徴的だった車体右側・シート下に鎮座していたリヤショックは、ホリゾンタルバックリンクの採用とともにサイドカバーによって表からは見えにくくなった。

車体サイズについては、全長が55mm、全幅が30mm、全高が45mmそれぞれ短くなっており、数値的に見てもコンパクトとなっているほか、シート高も15mm下げられており、扱いやすさを重視した変更と言えるだろう。

エンジンについては水冷4ストローク並列2気筒4バルブ・649㎤という仕様は変わらず、ボア・ストロークについても変更なし。スロットルボディは38mmから36mmに変更されており、デュアルスロットルバルブを搭載。低中速域の扱いやすさと俊敏なレスポンスは従来のままと推測できる。

またクラッチは昨今のモデルではほぼ採用傾向のある、アシスト&スリッパークラッチを新規で採用している。 アシスト&スリッパークラッチは、アシストカムとスリッパーカムの2種類のカムによって、クラッチプレートの圧着をアシストしたり、過度なエンジンブレーキにより発生するバックトルクを逃がしてリヤタイヤのスリップを抑制するなど、ライダーの疲労を低減させ、快適なライディングをサポートする機構だ。

フレームは先代のダブルパイプペリメターフレームから、独自の解析技術を元に開発されたトレリスフレーム(高張力鋼管)に変更され、さらに新設計であるスイングアームとの組み合わせにより、車両重量の軽減(211kg→193kg)に大きく貢献。“スーパースポーツ並の俊敏なハンドリングを実現”しているとのこと。

フロントまわりに話題を移すと、今回のモデルチェンジでインストゥルメントパネルも一新されており、アナログ式タコメーターをメインに、左側に各種インジケーター、そして右側にデジタル式ディスプレイ(ギヤポジションインジケーター付)が配置されるレイアウトとなっている。ほかハンドルはパイプハンドルからセパレート風のハンドルとなり、角度も画像から判断する限り若干垂れ気味となっている。

最後に販売に関しては、カワサキモータースジャパンからリリースがあり、すでに発表されているNinja 1000 ABSとこのNinja 650 ABS、さらにZ1000 ABSは現在国内販売に向けて調整段階にあるとのことだ(以前はブライト取り扱いモデル)。故に販売時期・価格等は明らかではないが、一定数の確保が見込めるモデルと言えるだろう。


2017年モデル Ninja 650 ABS (EX650K)※欧州一般仕様






カワサキイチバン