カワサキZシリーズの頂点に君臨し、“Sugomiデザイン”と“Sugomiパフォーマンス”というデザイン・機能を両立させたコンセプトを具現化しているZ1000。単なるネイキッドでは飽き足らないライダーたちから多くの支持を集めている、ハイパフォーマンス・ネイキッドである。その2017年モデルがこのたび発表されている。

発表されたのは、欧州一般仕様のABS装着モデルで、カラーはメタリックスパークブラック×ゴールデンブレイズドグリーンとキャンディバーントオレンジ×フラットエボニーの2色だ。外観上はカラー及びグラフィックの違いしか感じられないが、実は多くのセッティング変更や機能追加が行なわれており、総合すると“熟成”といった言葉がふさわしい変更となっている。

主な変更点は以下のとおり(リリースより抜粋・修正)

  • ECUプログラムを変更。よりスムーズなパワーデリバリーとすることで、アグレッシブなマシンキャラクターを生かしつつ、ライダーが自信を持ってコントロールできるエンジン特性に
  • キャタライザーを変更することで、欧州の排ガス規制「ユーロ4」にも適合
  • シャーシでは、前後サスペンションのセッティング変更により、さらに軽快でナチュラルなハンドリングを実現
  • ブレーキコンポーネンツの見直しにより、コントロール性を向上
  • インストゥルメントパネルには、ギアポジションインジケータとシフトアップインジケータを採用し、スポーティな走りをサポート
  • 外観では、ウインカーとリヤインナーフェンダーの形状を変更。Zシリーズらしい斬新なイメージを強調

なお2017年モデルから国内仕様のリリースが決定しているとのこと。販売時期・価格は現在のところ未定。


2017年モデル Z1000 ABS (ZR1000H)※欧州一般仕様


オフィシャルビデオ(2014)



SPECIFICATIONS

車名(通称名) Z1000 ABS
マーケットコード ZR1000H
全長x全幅x全高 2,045mmx790mmx1,055mm
軸間距離 1,435mm
最低地上高 125mm
シート高 815mm
キャスター/トレール 24.5°/101mm
エンジン種類/弁方式 水冷4ストローク並列4気筒/DOHC 4バルブ
総排気量 1,043cm³
内径x行程/圧縮比 77.0mm×56.0mm/11.8:1
最高出力 104.5kW(142PS)/10,000rpm
最大トルク 111N・m(11.3kgf・m)/7,300rpm
始動方式 セルフスターター
点火方式 バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量
燃料供給方式 フューエルインジェクション(φ38mm×4)
トランスミッション形式 常噛6段リターン
クラッチ形式 湿式多板
ギヤ・レシオ 1速 2.600(39/15)
2速 1.950(39/20)
3速 1.600(24/15)
4速 1.389(25/18)
5速 1.238(26/21)
6速 1.107(31/28)
一次減速比 / 二次減速比 1.627(83/51) / 2.867(43/15)
フレーム形式 ツインスパー(アルミニウム)
懸架方式 テレスコピック・倒立(41mm)
ホリゾンタルバックリンク
ホイールトラベル 120mm
135mm
タイヤサイズ 120/70ZR17M/C(58W)
190/50ZR17M/C(73W)
ブレーキ形式 デュアルディスク(セミフローティング 外径310mm)
キャリパー:デュアルラジアルマウント(モノブロック・対向4ポッド)
シングルディスク(ペタルディスク・外径250mm)
キャリパー:シングルピストン
ステアリングアングル (左/右) 29°/ 29°
車両重量 221kg
燃料タンク容量 17L
乗車定員 2名
カラー メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー、キャンディバーントオレンジ×フラットエボニー

Z1000 : Kawasaki モーターサイクル&エンジンカンパニー