2016年に大がかりなモデルチェンジを受け、市販二輪車としては世界初となるサブタンク付きのショーワ製バランスフリーフロントフォークを採用するなど、大きな話題を呼んだ新型Ninja ZX-10R ABS。SBK(スーパーバイク世界選手権)でもジョナサン・レイ選手とトム・サイクス選手がそれぞれランキング1位&2位につけて(2016年8月時点)おり、その戦闘力の高さが証明されている。

今回、そのNinja ZX-10R ABSに新色となるパールブリザードホワイト×メタリックフラットロウチタニウムを追加した2017年モデルが発表された。ライムグリーン×エボニー(KRTエディション)は2016年モデルからの継続となり、計2色でのカラー展開だ。

新色は車体上部をホワイト、下部をチタニウムグレーとし、グラフィックを極力排したシンプルな仕上がり。フロントフォークのアウターチューブをシルバーとしたうえで、サブタンクやフォークトップキャップはグリーンに変更されている。また、リムストライプも黄緑色を採用するなど、上品な印象に仕上がっている。

なお、国内への導入時期はブライトによると12月上旬とのこと。


2017年モデル Ninja ZX-10R ABS (ZX1000S)※欧州一般仕様


オフィシャルビデオ






SPECIFICATIONS

エンジン 水冷4ストローク並列4気筒
排気量 998cm3
内径×行程 76.0mm×55.0mm
圧縮比 13.0:1
弁方式 DOHC4バルブ
燃料供給方式 フューエルインジェクション(φ47mm×4)
デュアルインジェクション
点火方式 デジタル
始動方式 セルフスターター
潤滑方式 ウェットサンプ
トランスミッション型式 常噛6段リターン
駆動方式 チェーン
一次減速比 1.681(79/47)
ギヤレシオ 1速 2.600(39/15)
2速 2.214(31/14)
3速 1.944(35/18)
4速 1.722(31/18)
5速 1.550(31/20)
6速 1.391(32/23)
二次減速比 2.294(39/17)
クラッチ形式 湿式多板
フレーム形式 ツインスパー(アルミニウム)
ホイールトラベル 120mm
114mm
タイヤサイズ 120/70ZR17M/C 58W
190/55ZR17M/C 75W
キャスター 25°
トレール 107mm
ステアリングアングル(左/右) 27°/27°
サスペンション タイプ:倒立・テレスコピック(43mm)
バランスフリーフロントフォーク
圧側調整:アジャスタブル
伸側調整:アジャスタブル
スプリングプリロード:アジャスタブル
タイプ:ホリゾンタルバックリンク
BFRC lite ガスチャージドショック

圧側調整:アジャスタブル
伸側調整:アジャスタブル
スプリングプリロード:アジャスタブル
ブレーキ タイプ:外径330mmセミフローティングディスク
キャリパー:ラジアルマウント 対向ピストン
タイプ:外径220mmディスク
キャリパー:シングルピストン
全長 2,090mm
全幅 740mm
全高 1,145mm
軸間距離 1,440mm
最低地上高 145mm
シート高 835mm
車両重量 206kg
燃料タンク容量 17L
最高出力 147.1kW(200PS)/13,000rpm
最高出力(ラム圧加圧時) 154.4kW(210PS)/13,000rpm
最大トルク 113.5N・m(11.6kgf・m)/11,500rpm

※2016年9月2日 一部本文、スペック変更